コードの読み方・書き方

音楽は世界共通言語って言われていますが、コードは音楽で使われる言葉の一つです。今回は、コードを言葉としてつかえるように読み方。書き方を覚えると楽しいですよ。

コードネームを見るとルートと種類がわかる

コードのことは全部ぼくが教えるよ!

AとかBとかはわかったんだけど、アルファベットの隣に色々書いてあるものがわからないです。

ああ、それはコードの種類なんだよ!

コードの種類ってなんだ?

コードの種類のことは「コード種類」のページをみてね。

アルファベットはそのコードのルート(根音)
つまり、そのコードを支えている音なんだよ。

なるほど・・・

コードの読み方は❶❷❸

下のコードはルートがAでm7♭5というコードなんだ。

読み方は1・2・3の順番だ。

エーマイナーセブンフラットファイブ
と、読むんだよ。

アルファベットの右に種類が書かれてないものもあるよね?

アルファベットだけでコードの種類を表しているものもあるよ!
例えば、Aはラのことを表しているけれど、
コードとしてのAは「ラド#ミ」という
Aを根音とした長3和音のことなんだ。

ほお・・

これはエーと読むよ。

こんなのもある
「エーマイナー」だ!

もぐらくんがコードでピアノを弾きたいなら
「コードとリズムではじめよう」に詳しく載っているよ!

わかった!!

コードの種類についてはここだよ!
ダイアトニックコードのコード表もダウンロードできるよ!