コード進行・ピアノ

様々なコード進行のパターンを学びましょう。このページではよく使われるコード進行をご紹介します。

コード進行のパターンを知ろう!

ピアノもギターもコード進行は同じ!

コード進行には決まったパターンがあります。そのパターンを知ることによって演奏や耳コピが簡単になります。

コード進行のパターン集なども色々と出版されています。コード進行のパターンを知るには、ギターの本でもピアノの本でもどちらを選んでも同じですので、自分の気になる曲があるもの、例が多いものを選びましょう。

ピアノでコード進行を学ぶためには?

ギター経験者でコード進行を知っているなら後はピアノで押さえ方を覚えるだけ!

同じ曲の中で使われているコード進行はピアノもギターもベースも同じです。そのため、コード進行がわかっているのなら、後はコードの押さえ方を覚えれば良いだけです。

コード進行のパターンをピアノで弾けるようになる!

コード進行のパターンをピアノで弾けるようになるには、練習したいコード進行が使われている曲を練習しましょう。

コード進行自体を覚えるには、様々なキーで練習する方が良いのですが、まずは弾きたい曲のキーで練習します。

ピアノコードの押さえ方が知りたい方は、好きな曲のダイアトニックコード表をご覧ください。

ピアノでコード 

コードの押さえ方 ルート ピアノではどう押さえるの?

コードの押さえ方 基本形・転回形 ピアノでは?

コードの押さえ方 チェンジ(基本形から第一転回形)

コードの作り方

コードの読み方・書き方・覚え方

コードの種類

コード進行の基本ドミナントモーション Ⅴ7→Ⅰ

Ⅴ7からⅠのコード進行をドミナントモーションと言います。Ⅴ7はⅠにいきたいキモチが強く、これが音楽の流れをつくっているのです。
気をつけ・礼・なおれ!(じゃーん・じゃーん・じゃーん)は「C→G7→C」ですが、その「G7→C」はハ長調のドミナントモーションなのです。
★イメージできない方は以下のリンクから音を聴いてみてください。

コード進行「C→G7→C」のピアノでの押さえ方

こちらは、ワーグナーの結婚行進曲の中でドミナントモーションを説明しています。

曲の中でドミナントモーションをみつけると曲の理解につながります。
コード譜の中からドミナントモーション(Ⅴ7→Ⅰ)を探しましょう。

ドミナントモーション  長調

ハ長調  key-C G7→C 
ヘ長調  key-F C7→F 
変ロ長調 key-B♭F7→B♭嬰イ長調 key-A#
変ホ長調 key-E♭B♭7→E♭嬰二長調 key-D#A#7→D#
変イ長調 key-A♭E♭7→A♭嬰ト長調 key-G#D#7→G# 
変ニ長調 key-D♭A♭7→D♭嬰ハ長調 key-C#G#7→C# 
変ト長調 key-G♭D♭7→G♭嬰へ長調 key-F# C#7→F# 
ロ長調  key-BF#7→B 
ホ長調  key-EB7→E 
イ長調  key-AE7→A 
二長調  key-DA7→D  
ト長調  key-GD7→G 

ドミナントモーション 短調

  • G7→Cm   ハ短調  key-Cm  
  • C7→Fm   ヘ短調   key-Fm  
  • F7→B♭m  変ロ短調  key-B♭m E#7→A#m  嬰イ長調 key-A#m
  • B♭7→E♭m 変ホ短調  key-E♭m    A#7→D#m  嬰二長調 key-D#m
  • E♭7→A♭m 変イ短調  key-A♭m  D#7→G#m  嬰ト長調 key-G#m
  • A♭7→D♭m 変ニ短調  key-D♭m G#7→C#m  嬰ハ長調 key-C#m
  • D♭7→G♭m 変ト短調  key-G♭m C#7→F#m  嬰へ長調 key-F#m 
  • F#7→Bm   ロ短調  key-Bm
  • B7→Em   ホ短調   key-Em
  • E7→A   イ短調   key-Am
  • A7→D    二短調   key-Dm
  • D7→G     ト短調   key-Gm

カノン進行はカノンのコード進行

カノン進行というのは、パッフェルベルのカノンで使われているコード進行のことで、ポピュラーでも本当によく使われています。ベースが順に下がって行くことのできるコード進行なので、同じようにベースが順に下がって行くようなコード進行のことをカノン進行と呼ぶこともあります。

D →A/C# →Bm →F#m →G →D →G →A →D

パッフェルベルのカノンはニ長調(D)ですから、このコード進行は分析すると以下のようになります。

Ⅰ →V →Ⅵm →Ⅲm →Ⅳ→ Ⅰ →Ⅳ →Ⅴ →Ⅰ

色々なキー(調)で弾いてみて、コード進行を耳で覚えると良いですね。

JUN音楽教室ではクラシックの生徒もポピュラーの生徒もコードを学びます。レッスンを受講したい、詳しい内容が知りたいという方はというお問い合わせください。

「竈門炭治郎のうた」のコード進行はマイナー系カノン進行

最近では、鬼滅の刃の「竈門炭治郎のうた」にカノン進行が使われていますね。「竈門炭治郎のうた」は以下のようなコード進行になっています。

Ⅰm →V m→Ⅵ →Ⅲ →Ⅳm→ Ⅰm →Ⅱm→Ⅴ →

Ⅰm →V m→Ⅵ →Ⅲ →Ⅳm→ Ⅰm →Ⅳm→Ⅴ →Ⅰ

Happy Birthday/back numberはカノン進行のオンパレード!

Happy Birthday のキーB(ロ長調)のカノン進行は以下の通りです。

B  →F♯→  G♯m  →D♯m → E  →B → E  →F♯

Happy Birthdayでは、カノン進行がAメロとサビで使われています。

Aメロ前半→B  F♯/A♯  G♯m  D♯m  E  B  C♯m7 E/F♯

Aメロ後半→B  F♯/A♯  G♯m  Bm/F♯  E  F♯ B

このコード進行は絶対に覚えた方が良いコード進行です!

循環コード 定番コード進行

Ⅰ→Ⅵm→Ⅱm→Ⅴ7 イチロクニーゴー

Ⅰ→Ⅵm→Ⅱm→Ⅴ7は本当にコード進行の定番で、アレンジとして同じコードが長く続く時や繰り返しで戻る前(ターンバック)でも使われます。

Ⅰ→Ⅵm→Ⅱm→Ⅴ7ではなく、Ⅰ→Ⅵ→Ⅱm→Ⅴ7となる時も多いです。

Ⅰ→Ⅵm→Ⅱm→Ⅴ7はダイアトニックコードだけでできたコード進行ですが、Ⅰ→Ⅵ→Ⅱm→Ⅴ7のⅥはノンダイアトニックコードです。

Ⅰ→Ⅰ7→Ⅳ→Ⅳm 泣きべそ進行 うるっと来るコード進行

「夕焼け小焼け」の最後の部分がこのコード進行です。

Ⅰ→Ⅰ7→Ⅳ→Ⅳm→Ⅰ/Ⅴ→Ⅴ7→Ⅰ
という形で使われることが多いです。

ブルース進行

ブルース進行は覚えておきたいコード進行です。色々なパターンがありますがまずはこれを覚えましょう。

Ⅰ Ⅰ Ⅰ Ⅰ

Ⅳ Ⅳ Ⅰ Ⅰ

Ⅴ Ⅳ Ⅰ Ⅰ

JUN音楽教室では、コード進行のことを学び、演奏に活かすためのレッスンを行っています。

コードでピアノを弾く方法を学びませんか?

コードでピアノを弾くために必要なこと

コード進行のパターンを知っただけでは、ピアノをコードで弾けるようにはなりません。

では何をすれば?

→詳しくはこちらをご覧ください(ピアノだってコードとリズム!)

コードの本を色々読んだり、自分では練習しているものだがなんだか違う、そんな方へ

あなたの練習に何が足らないのか、何が間違っているのか、30分であなたをスッキリさせます。

「ええ?!コードで弾くってそういうこと?」「ポイントはそこ?」「今すぐ練習したい!」 と、体験レッスンをご受講後、弾きたい気持ちが止まらない方続出!!

コード進行についてのメルマガ登録はこちら

コードを使ってどういった練習をするのかなど、JUN音楽教室のレッスンや自宅での練習方法をお伝えする「『趣味だけど本気でピアノ』誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話」そして『音楽の話』」というメルマガを配信しています。