ダイアトニックコードって何?

ダイアトニックコードをピアノで解説

ダイアトニックコードはダイアトニックスケール上にできる和音

ダイアトニックコードというのはダイアトニックスケール上の和音のことで、その調の固有の和音のことです。それ以外のコードはノンダイアトニックコードと呼ばれます。

長調の場合、ダイアトニックスケールはメジャースケール、
短調の場合はマイナースケールです。

コード進行を学びたいならダイアトニックコードを学びましょう!

3和音の場合  Ⅰ Ⅱm    Ⅲm    Ⅳ    Ⅴ Ⅵm    Ⅶm♭5
4和音の場合  ⅠM7 Ⅱm7    Ⅲm7    ⅣM7    Ⅴ7 Ⅵm 7    Ⅶm7♭5

「m7」や「m7♭5」、「M7」というのは、コードのキャラクターを表しています。コードのキャラクターはどのキーになっても同じです。

★Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・Ⅶという数字は、これからコード進行を学ぶためにも重要なのでしっかりと覚えましょう。

Cダイアトニックコード

ハ長調のダイアトニックスケールはドレミファソラシド

CダイアトニックコードはCのダイアトニックスケールの上に3度ずつ音を重ねたものです。

CのダイアトニックスケールはCのメジャースケールのことです。

3度、4度というのは音程のことです。
→音程についてわからないという方はこちら

Cメジャースケールの上に3度ずつ3つ音を重ねると・・

ドの上に3度ずつ重ねるとドミソ

レの上に3度ずつ重ねるとレファラ

ミの上に3度ずつ重ねるとミソシ

Cメジャースケールの上に3度ずつ4つの音を重ねると・・

ドの上に3度ずつ重ねるとドミソシ

レの上に3度ずつ重ねるとレファラド

ミの上に3度ずつ重ねるとミソシレ

Cmのダイアトニックコード

ハ短調のダイアトニックスケールは3種類!

CmのダイアトニックコードはCマイナースケールの上に3度ずつ音を重ねたものです。
マイナースケールは3種類ありますので、ダイアトニックコードの種類が少し増えます。

好きな曲のコード進行でダイアトニックコードを覚えよう!

竈門丹治郎のうたを弾きたいならDmのダイアトニックコードを覚えましょう!

こちらはDmのダイアトニックコードです。

→竈門炭治郎のコード進行①

→紅蓮華のコード進行①

弾きたい曲のキーのダイアトニックコードを覚えておくと便利です。メロディーさえ弾けるようになれば、すぐに両手で弾けるようになるのです。

何のコードを押さえたら良いかわからない方は、まずはそのキーのダイアトニックコードを覚えましょう。

ダイアトニックコード ピアノコード表(無料ダウンロード)

こちらのダイアトニックコード表をPDFでダウンロード可能です。
無料ダウンロードできるのは、左の3和音(転回形あり)のパターンです。

ダイアトニックコードのピアノコード表を公開しています。リンク文字になっているものは、STORESのサイトで無料ダウンロード可能です。隣に曲目が書いてある場合、その曲の中で使われるノンダイアトニックコードも含まれています。

key(調)3和音 Key(調)基本形のみ-4和音
C(ハ長調)C(ハ長調)
F(ヘ長調)F(ヘ長調)
Bb(変ロ長調) ひまわりの約束Bb(変ロ長調)
Eb(変ホ長調)      香水/瑛人Eb(変ホ長調)
Ab(変イ長調)Ab(変イ長調)
Db(変ニ長調)Db(変ニ長調)
Gb(変ト長調)Gb(変ト長調)
F#(嬰ヘ長調)F#(嬰ヘ長調)
B(ロ長調)B(ロ長調)
E(ホ長調)        クリスマスソング/back numberE(ホ長調)
A(イ長調)
D(ニ長調)
G(ト長調)

コード奏法・コード進行についてのメルマガ配信中!

ダイアトニックコード表を使って、どういった練習をするのかなど、JUN音楽教室のレッスンや自宅での練習方法をお伝えする「『趣味だけど本気でピアノ』誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話」そして『音楽の話』」というメルマガを配信しています。

コードでピアノを弾く方法を学びませんか?

コードの本を色々読んだり、自分では練習しているものだがなんだか違う、そんな方へ

あなたの練習に何が足らないのか、何が間違っているのか、30分であなたをスッキリさせます。

「ええ?!コードで弾くってそういうこと?」「ポイントはそこ?」「今すぐ練習したい!」 と、体験レッスンをご受講後、弾きたい気持ちが止まらない方続出!!

ピアノをコードで弾くために必要な事は?

ダイアトニックコードを丸暗記したからといってコードでピアノが弾けるようにはなるわけではありません。

では何をすれば?

→詳しくはこちらをご覧ください(コードでピアノをカッコよく!)

その他のレッスンについて、詳しく知りたい方はこちら↓