コードの種類はこれだけ覚えて!

コードの覚え方

コードの種類は多いので、どうやって覚えれば良いのかと悩んでいる方も多いと思いますが、全ての種類のコードを丸暗記するのはナンセンスです。

使っていくうちに覚えていけば良いのです!

でも、コードにどんな種類があるか知っておくことは重要です。

コードの種類を覚えるまでは、このサイトは辞書代わりに使って頂くと嬉しいです。


コードにはどんな種類があるの?

コードというのは、根音となる音から3度ずつ重ねてできる和音のことです。
ルート(根音/第1音)・第3音・第5音・第7音と重なっていきます。

C(シー)

ルート・ルートから長3度・完全5度を重ねた長三和音
Cがルートの場合ドミソ

       

     

Cm(シーマイナー)

ルート・ルートから短3度・完全5度が重なった短三和音
Cがルートの場合ドミ♭ソ

C7(シーセブン)

ルート・ルートから長3度・完全5度・短7度を重ねた四和音
Cがルートの場合ドミソシ♭(長三和音に短7度の音をプラスしたもの)

Cmaj7(CM7/C△7)(シーメジャーセブン)

ルート・ルートから長3度・完全5度・長7度を重ねた四和音
Cがルートの場合ドミソシ(長三和音に長7度の音をプラスしたもの)

★maj7と書く以外にM7や△7と書くこともあります。

Caug(シーオーギュメント)

ルート・ルートから長3度・増5度が重なった増三和音
Cがルートの場合ドミソ#

Cdim(シーディミニッシュ)

ルート・ルートから短3度・減5度が重なった減三和音
Cがルートの場合ドミ♭ソ♭

Cm7(シーマイナーセブン)

ルート・ルートから短3度・完全5度・短7度を重ねた四和音
Cがルートの場合ドミ♭ソシ♭(短三和音に短7度の音をプラスしたもの)

Cdim7(シーディミニッシュセブン)

dim7はルート・ルートから短3度・ルートから減5度・ルートから減7度
つまりルートから短3度、短3度、短3度と積み上げるとできます。
Cがルートの場合ドミ♭ソ♭シ♭♭

dim7の場合異名同音(シ♭♭ーラ)と書くことが多いです。

Cm7♭5(シーマイナーセブンフラットファイブ)

ルート・ルートから短3度・完全5度・短7度を重ねた四和音
Cがルートの場合ドミ♭ソ♭シ♭(減三和音に短7度の音をプラスしたもの)

その他のコード

その他にも色々なコードがあるのですが、2つご紹介しましょう。

Csus4 (シーサスフォー)

c(ドミソ)のミが半音上がって4の音になる→ドファソ

Cadd9(シーアドナインス)

C(ドミソ)に9th(レ)が加わったもの

ルートがC以外のコード

同じ名前を持つコードは同じキャラクター!

ルートがCでなくても、同じ名前を持つコードは同じキャラクターです。

コードのキャラクターは下の図でみると、②③で表されています。

以下のCm7b5とAm7b5は同じキャラクター、
ルート・ルートから短3度・完全5度・短7度を重ねた四和音です。
Cがルートの場合ドミ♭ソ♭シ♭、Aがルートの場合ラドミ♭ソとなります。

コードでピアノを弾くために必要なこと

コードの種類を知っただけでは、ピアノをコードで弾けるようにはなりません。

では何をすれば?

→詳しくはこちらをご覧ください(コードでピアノをカッコよく!)

コードを実際の曲の中で使うには、ダイアトニックコードを知ることが早道です。

ここでご紹介したコードは基本型ですが、実際の演奏では常に基本型を使うとは限りません。実際にどういう風に押さえるか、コード奏法を知りたい方は、体験レッスンをお申込みください。