「C」タグアーカイブ

Cのコードの押さえ方

ピアノコードとギターコード違いは積み方

ピアノコードを知りたいという方、多いですね。

ギターのコードならわかるのだけどピアノは・・・と。

コードはピアノもギターも同じ、Cはドミソです。

正確にいえば、ドとミとソを使った和音のことです。

つまり、コードの言い方、
コードネームはピアノもギターも同じなのです。

ただ、ギターとピアノでは、コードの押さえ方、積み方が違うのです。

ギターとピアノの違いについては、こちらのサイトにも記事を書いています。

→ピアノでもコード

コードは左手?

ピアノは両手で弾く楽器、
特に右手メロディー+左手伴奏という形で弾くことが多いので、

コードというと、片手で弾ける形のものだと思っている人がいます。

基本形・第一転回形・第二転回形などの形です。

この形で押さえるピアノの楽譜、見たことないですか?

バイエルやブルクミューラーなどにもこの形がよく使われています。

クラシックでよく使われているということは、この形が悪いわけではありません。

でも、ポップスをこの形だけで弾いていたのでは
なんかカッコよくないんですよね。

左手ベースのみから

JUN音楽教室では左手はコードのルートなど
ベース音のみからの練習をおススメしています。

頑張って左手で和音弾いて一生懸命動かすより、ずっとカッコよくなるのです!

コードでピアノ

JUN音楽教室では、コードでピアノを弾くことをおススメしていますが、
一般的な左手ドミソ・ドファラ・シレソではありません。

おしゃれな押さえ方、簡単でカッコ良いアレンジを提案しています。

このおしゃれなコードの弾き方、
かっこいいリズムは、プロが普通にやっていることです。

楽譜には書かれていないけど、
YouTubeなどで、秘密を明かしている方も多いですよね。

体験レッスンでは、その秘密もお伝えしています。

→体験レッスンを申し込む

音の積み方を知りたい方は?

音の積み方だけわかれば自分で練習できるという方は、
以前にもご紹介した、
「田代ユリのポピュラーピアノレッスン【サウンド編】」がおススメです。

→「田代ユリのポピュラーピアノ・レッスン」ご購入はこちら

オンラインでポピュラーピアノレッスン

JUN音楽教室では、コードを活用した
実際に弾けるようになる練習法をお伝えしています。

「楽譜通り弾いているのになんか違う!」という方、

ヒントは楽譜にではなく
音楽の中にあります!

ポイントはリズム!

ドラムとベースを
歌ってみよう!

なんなら、リズムに合わせて体を動かしてみる!

なんだか楽しくなってきたのでは?

ドラムを歌うってことがわからない方は、体験レッスンを!

趣味だけど本気でピアノを弾きたい方へ

レッスンを受けるまでではないという方、コードのこと、ピアノの練習方法などのメルマガ「趣味だけど本気でピアノ 誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを配信しています。

→メルマガ登録はこちら

ぴったりの練習方法が知りたい方はこちら→「無料タイプ別練習方法診断」

ピアノのコードチェンジ②基本形~第二転回形

コードの押さえ方 基本形と第ニ転回形


コードは覚えるだけでは弾けません!!

コードは、覚えるだけでは弾けません。Cはドミソと覚えただけでは弾けないのです。
ルートだけを弾くのであれば問題はないのですが、コードを弾く場合は、コード進行を考えた押さえ方を覚えなければならないのです。

初心者が弾く場合、まずは近い場所への移動を覚えておいた方が便利です。

1つのコードでも押さえるパターンはものすごく多いのですが、片手で押さえる事を考えればある程度パターンが絞られてきますので、まずはその形を覚えましょう。

片手で3つの音を押さえる和音は、基本形・第一転回形・第二転回形の3種類の形になります。

コードチェンジはコード進行の中で考える

今回は基本形から第ニ転回形に変える練習方法をお話ししますが、同じコードの基本形と転回形を変化させる方法を練習するわけではありません。

もちろん、同じコードで基本形と転回形を変えて行くという練習も必要になってきますが、ピアノ初心者がコードの練習をするには、まずはコード進行の中で考えることをオススメします。

C→F F→C

ハ長調の1からⅣ、Ⅳから1のコードチェンジは以下の通り

基本形から第ニ転回形

第一転回形から基本形

第二転回形から第一転回形

基本形から第ニ転回形 右手の練習

それでは、実際の練習方法についてお話ししましょう。

ポイント 3・5の指をセットで動かす

右手でCの基本形(ドミソ)からFの第ニ転回形(ドファラ)に変える場合の指使いは(1・3・5)から(1・3・5)です。

ポイントは、ドにおいた1の指を動かさず、3と5の指をセットで「ミソ」から「ファラ」に移動させます。

詳しくは、動画をご覧ください。

基本形から第ニ転回形 左手の練習

ポイントは親指だけ広げるイメージ

左手でCの基本形(ドミソ)からFの第ニ転回形(ドファラ)に変える場合の指使いは(5・3・1)から(5・2・1)です。

ポイントは、1の指を開くイメージで、5の指のドはCとF両方にあるので、同じところを押さえる意識を持ちましょう。

詳しくは動画をご覧ください。

基本形同士・同じ転回形同士ならどのコードも指使いは同じ

CもFもB♭も、基本形同士なら指使いは同じです。黒鍵が入ると、少し注意が必要ですが、基本的には同じだと覚えておきましょう。

詳しいコードの弾き方の知りたい方は、レッスンをお申し込みください。

→無料動画レッスンはこちら

→ピアノ練習方法のメルマガはこちら