「初心者」タグアーカイブ

ピアノ初心者練習法

とりあえず何を練習したら良いかわからないという方は

→初心者のための無料YouTube動画レッスン

ピアノ初心者こそ練習のやり方が大切!

昨年サイトを移転して7ヶ月が経ちましたが、今回このブログが100本目のブログとなりました。

ピアノ初心者の方にもオンラインでピアノレッスンを行っています。

→「大人のためのオンラインピアノレッスン」詳しくはこちら

私がこのサイトでブログを書いているのは、もちろんJUN音楽教室に趣味だけど本気でピアノを弾きたいと思っている人に来てほしいからですが、それと同時に独学でもちょっとだけピアノを弾きたいという人に正しい練習の仕方を知ってほしいと思っての気持ちもあります。

趣味でピアノを弾く人が増える、バンドでキーボードやる人が増える、そんなことを願ってこのブログを書いています。

これからもどうぞよろしくお願いします。

ピアノ初心者の練習曲

大人の方でピアノを始めたいという方は「この曲が弾きたい!」という方と、「ピアノが弾けるようになりたいので、何から練習すれば良いですか?」と方、この2つのタイプになる場合が多いようです。

弾きたい曲が決まってない場合

弾きたい曲がある場合は、その曲に必要なテクニックをお教えするのですが、そうでない場合は、ポジション移動の少ない曲をまず練習していただきます。

テクニックの楽譜は購入していただく場合もありますが、必要なトレーニングの楽譜を私が作る場合が多いです。

「はじめてのギロック」などはおススメです。でも、実はJUN音楽教室に来てくださる方に関しては、今までの生徒さんは全員「〇〇が弾きたい!」と言ってこられています。

「はじめてのギロック」に関しては、私が所属している楽器店の生徒さんのことなのです。

弾きたい曲が決まっている場合

私は、初心者でも弾きたい曲がある場合、初めからご希望の曲にチャレンジしてもらっています。

クラシックの大曲や、決まったアレンジの曲を弾きたいという場合は難しいのですが、ポピュラーの曲であれば、初心者でも弾きたい曲は、アレンジ次第で弾けるようになると思っています。

ポピュラーならたいてい弾けるというのには理由があります。

①その曲が好きだから良く聴いている

②メロディーを右手で弾ければ、左手の伴奏はいくらでも簡単にできる

③弾きたい曲だから頑張ることができる

ハ長調の曲 シャープ・フラットがない曲を選ぶ?

ピアノ初心者の方の多くはシャープやフラットのないハ長調の楽譜を探されることが多いようですが、ハ長調の曲は簡単なのでしょうか。

実は、ハ長調が簡単と思うのは、楽譜が読みやすいからです。

5本の指の長さはバラバラです。

長い指と短い指があるのですから、黒鍵と白鍵が混ざっていた方が弾きやすいのです。

どこを弾くかということさえ確認しておけば、
ハ長調の楽譜にこだわらずに済みますよ!

ピアノ初心者 何の練習から?

①楽譜を読む練習

よく知っている曲だからといっても、ピアノ初心者はそれが弾けるわけではありませんよね。

楽譜の読み方のコツを知りましょう。

ポイントさえ押さえておけば、楽譜を読むのが楽になりますよ。

JUN音楽教室ではまず音列と模様読みを覚えてもらっています。

②ピアノ初心者もコードを覚えよう!

コードは難しいと敬遠される方もいらっしゃいますが、初心者の方こそ、コードを覚えてほしいです。

一番簡単な伴奏は、実はコードのルートを弾くことです。

コードを覚えると言ってもとりあえずABCだけ、
しかも1曲の中では同じコードが何度も出てきます。

→コードの弾き方についてはこちら

例えば紅蓮華では、「つよく・・」のところと、「どうしたって・・」のところは同じコード進行なのですよ。

③自分の身体とピアノのことを知る

ピアノはどうやって音が出るのか、身体をどう使うのかを知ることは大切です。

知っておくだけで、上達のスピードが上がります。

→ピアノ初心者が知っておきたいことはこちら

脱初心者には正しい練習方法続けよう!

下手になる練習

上達するために一番大事なことは、マイナスの練習をしない事です。

マイナスの練習をするなら、練習はしない方が良いのです。

また、時間がないから1回だけ通しで弾こう‥というような練習は「頭を」使わない練習なので意味がありません。

時間がないなら1小節だけでも、ポイントを押さえて練習すべきなのです。

ピアノを弾かない練習もある!

また、ピアノは弾くだけが練習ではありません。

大人の方の場合、弾く時間が取れない時もあると思いますが、家事をしながら音楽を聞く、電車でYouTubeレッスン動画を見る、指の体操をするという事だって、大切な練習です。

ピアノ初心者は、弾くまでの練習もたくさんあります。

弾く時間がなくても、弾けないことに罪悪感を持たずできる練習をして行きましょう。

具体的なピアノ初心者のための練習方法

1曲を弾く時にも、練習の順番があります。

→ピアノ初心者に私がお勧めする練習方法はこちら

もっと詳しく練習方法の知りたい方は→体験レッスンお申込み

また、初心者だけどもっと深く学びたいという方には、オンラインでカスタムメイドのレッスンもご用意しています。

レッスンを受けるまでではないという方のために、「趣味だけど本気でピアノ誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを発行しています。

→メルマガ登録はこちら

ピアノ初心者こそコードで練習!

ピアノ初心者の教本はどんなのが良いですか?

最近よく頂くご質問です。

実は、コロナのために外に出られないということで、ペットを飼う人と、ピアノを始める方が増えたそうです。

昔は、ピアノ初心者といえばバイエルでしたが、今は様々な教本が出ています。

実は、選ぶテキストはやりたいことによって違ってきます。

ピアノ初心者もコードで練習!

子どもと大人では違うのですが、大人の方の場合、まずは私は好きな曲で、コードを練習することをお勧めしています。

どうしてコードなのか?!

コードがわかっていれば、レベルによって簡単に弾くことも、難しく弾くこともできるからです。

例えば、ハ長調の曲の中で、Cというコードが出てきたとしましょう。

全くの初心者なら、「ド」だけ弾けば良いのです。

もちろん、難しくしようと思えば音数を増やす、リズムを難しくするなど、方法はいくらでもありますよ!

コード以外では何を練習するの?

固定ポジション→ポジション移動

次にお勧めするのは、好きな曲のメロディーを片手で練習することです。

メロディーを弾けるようになるためには、ある程度指がバラバラに動かなければなりませんので、好きな曲で練習しましょう。

好きな曲なんでも良いのかといえば、もちろんそうではありません。

何かのイベント、例えば結婚式などで「どうしてもこの曲を弾きたい!」という場合でなければ、初心者にはできるだけ固定五指のポジションで弾ける曲をお勧めします。

固定五指のポジションというのは、ドレミファソやソラシドレなどの順番に5つ並んでいる音を12345の指で弾くポジションで、ブラインドタッチの第1歩です。

ピアノのテクニックでまず身につけたいものの中に、ブラインドタッチがあります。
ブラインドタッチというのは鍵盤を見ないで弾くということです。

そして、それができてポジション移動を覚えれば、鍵盤の端から端まで自由に弾くことができるようになるのです。

→ポジション移動について詳しくはこちら

独学初心者のためのYouTubeピアノレッスンのサイトでは、私がお勧めする練習方法を順番に載せています。

→独学初心者のための無料YouTube動画レッスン

もっと詳しく練習方法の知りたい方は→体験レッスンお申込み

JUN音楽教室ではオンラインでカスタムメイドのレッスンを行っています。

レッスンを受けるまでではないという方のために、「趣味だけど本気でピアノ誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを発行しています。

→メルマガ登録はこちら

音は何色?

私にとって音楽とは ピアノ講師とは

その音は何色?

昔、生徒に聞かれたことを思い出しました。

お休みはね。
とっても大事なの。

お休みっていうのは、弾いてる音と同じで、
ないわけじゃなくって、見えてない音なんだよ。
見えないけど、ちゃんとあるんだから大切にしようね。

それって何色?

え・・・・(汗
えと、えと・・
透明な音かな?

へえ・・
透明かあ・・♥

休符の色は透明!

慌てて口からでた透明という言葉でしたが、以来私のレッスンでは休符の色は「透明」という事になっています。

30年前の話です。

他の生徒たちもピアノを弾く時だけでなくリズム唄する時でも、みんな休符を大切にしてくれています。

「シャボン玉持つ感じかな?」とか・・・

休符は「ない」わけではないから、大切にしようという事はいつもレッスンで伝えていたことですが、「どんな色?」って考えてみたこともありませんでした。

その時の生徒には教えられることがとても多かったです。

ドミナントモーションはどんな気持ち

私がドミナントモーションのことを教えたとき、

センセ!
この気持ちって、
そういう名前だったんだ♥

コードに名前があったんだね。

コードネームを教えたときは、

この音にも名前があったんだ!

当時、その生徒は1年生くらいだったと思いますが、自分自身がもっともっと勉強しなければと感じました。

私はピアノ講師になった当初から子どもにも大人にもコードを必ず教えていましたが、単に名前だけでなく、響きやコード進行を教えることの大切さを実感したのでした。

私自身がロックについてやコードについてピアノの先生から教えてもらえなかったという経験から、クラシックの道に進みたいと思う生徒が困らないようにも勉強しています。そして、その生徒のレベルが上がってきたらお任せできる先生を探すことも必須です!

もちろん、この時の生徒だけではありません。
生徒からはいつも教えられます。

生徒たちは、大切な生徒であるとともに私の先生でもあるのです。

今なぜ大人の生徒なのか?

私は、今、オンラインで「大人のためのピアノレッスン」をやっています。
リアルでは子どもの生徒さんも教えていますが、オンラインは大人の方がメインです。
これは、私の長年の講師としての気持ちから出ているものです。

現在のピアノ教室は私がピアノ教室に通っていたころとは違って、ポピュラーも教えてくれるし、自分の好きなスタイルでピアノのレッスンを受けることができます。

でも、その多くは子ども向けのものではないでしょうか。
ピアノ講師になる前の私、頑張っても頑張っても自分の音楽に近づけない、
今の練習で本当に良いのか不安、そんな方へお伝えしたい。
今からやればできるってこと!

「大人のためのオンラインピアノレッスン」は、そんな思いを込め開講しているレッスンです。

ピアノをやり直したい方、ピアノ初心者だけど、独学だけど・・

そんなあなたの練習に何が足らないのか、何が間違っているのか、30分であなたをスッキリさせます。

体験レッスンだけで、お悩みが解決される方もいらっしゃいます!!

「ええ?!そんなことで?」「そこ変えるだけで?」「今すぐ練習したい!」 と、体験レッスンを終えたみなさん、やる気がわいてくるようです。

「やればできる!!」「あとはやるだけ!」になって、弾きたい気持ちがあふれて止まらない方増殖中です!

体験レッスンの流れ

①お申込みのメールアドレスに体験レッスン料の振込先メールが届きます。
②メールでカウンセリング(体験レッスンの内容と日程を相談)
③日程を決めZOOMで体験レッスン(約30分・2000円)
弾きたい曲の一部分などご希望の内容で、「大人のためのオンラインピアノレッスン」を体験していただきます。

★レッスン内容でお悩みの場合、ZOOMでの無料カウンセリング(30分)もご用意しております。

★ZOOMが使えないなど、お困りの方はご相談ください。ZOOM以外の方法もご提案します。

メルマガも配信中です!

趣味だけど本気でピアノ

そして、今「私は誰に一番教えたいのか?」と言うと、趣味だけど本気でピアノを弾きたいと思っている人です。

メルマガで何を発信するの?

誰も教えてくれなかった「コードの話」「リズムの話」そして「音楽の話」をお話しします。

特にどういう練習をすれば良いかという話をしたい思っています。

自宅での練習が便利になるように、スマホのアプリなども紹介しますね。

気になるって方は、ぜひ一度ご登録ください。
嫌ならいつでもやめられるし、また入りたいと思えば登録してもらえるシステムです。

ピアノのコードチェンジ① 基本形~第一転回形

コードの押さえ方 基本形と第一転回形


コードは覚えるだけでは弾けません!!

コードは、覚えるだけでは弾けません。Cはドミソと覚えただけでは弾けないのです。
ルートだけを弾くのであれば問題はないのですが、コードを弾く場合は、コード進行を考えた押さえ方を覚えなければならないのです。

初心者が弾く場合、まずは近い場所への移動を覚えておいた方が便利です。

1つのコードでも押さえるパターンはものすごく多いのですが、片手で押さえる事を考えればある程度パターンが絞られてきますので、まずはその形を覚えましょう。

片手で3つの音を押さえる和音は、基本形・第一転回形・第二転回形の3種類の形になります。

コードチェンジはコード進行の中で考える

今回は基本形から第一転回形に変える練習方法をお話ししますが、同じコードの基本形と転回形を変化させる方法を練習するわけではありません。

もちろん、同じコードで基本形と転回形を変えて行くという練習も必要になってきますが、ピアノ初心者がコードの練習をするには、まずはコード進行の中で考えることをオススメします。

C→G G→C

ハ長調の1からⅤ、Ⅴから1のコードチェンジは以下の通り

基本形から第一転回形
第一転回形から第二転回形
第二転回形から基本形

基本形から第一転回形 右手の練習

それでは、実際の練習方法についてお話ししましょう。

ポイント 1の指を開くだけで他の指は動かさない

右手でCの基本形(ドミソ)からGの第一転回形(シレソ)に変える場合の指使いは(1・3・5)から(1・2・5)です。

1の指を開くイメージで、5の指のソはCとG両方にあるので、同じところを押さえる意識を持ちましょう。

詳しくは、動画をご覧ください。

基本形から第一転回形 左手の練習

ポイントは3と5の指をセットで変える!

左手でCの基本形(ドミソ)からGの第一転回形(シレソ)に変える場合の指使いは(1・3・5)から(1・3・5)です。

ポイントは、ソにおいた1の指を動かさず、3と5の指をセットで「ドミ」から「シレ」に移動させます。


詳しくは動画をご覧ください。

どのコードも指使いは同じ

CもFもB♭も、基本形同士なら指使いは同じです。黒鍵が入ると、少し注意が必要ですが、基本的には同じだと覚えておきましょう。

詳しいコードの弾き方の知りたい方は、レッスンへ!

香水/瑛人ピアノ初心者の挑戦!

レッスン動画を見てピアノ初心者が弾き語り

2020年『新語・流行語大賞』ノミネート30語発表

2020年『新語・流行語大賞』ノミネート30語が発表になりましたね。

瑛人さんの香水も中に入っていましたね。

瑛人さんは紅白にも出場が決まったそうですよ!

JUN音楽教室では、香水のピアノ弾き語りの動画レッスンを無料公開しています。
ぜひご利用ください。

コード弾けばピアノ初心者でも1ヶ月で香水/瑛人をピアノ弾き語りできる!

コードでピアノ弾き語り 無料動画レッスンで!

こちらの方は、普段はギターの弾き語りなどされているのですが、初めてピアノに挑戦されました。

モニターとしてJUN音楽教室の無料レッスンを見て練習してくれたのですが、練習期間はほぼ1ヶ月!

この方は、普段ギターの弾き語りをやっているので、音楽経験が全くないわけではありませんが、1ヶ月でこんなふうになったのです!!

実は、香水は、弾き語りのピアノならそんなにも難しくありません。
初心者の弾き語りには、コードが5つしかない香水はちょうど良いレベルです。

ぜひ無料でチャレンジしてみてくださいね。

香水のコード進行

香水のコードはAb・Bb・Eb・G・Cmの5つのみです!

コード進行もこのパターンを繰り返すだけ!!
ぜひ練習してみてくださいね。

YouTubeでレッスン形式の動画を公開しています。

香水で使うピアノのコードの押さえ方

コードの押さえ方は色々ですが、こちらの動画レッスンでの押さえ方は以下の通りです。 

香水で使っているのはE♭のダイアトニックコード+1

香水はEbのキーなので、主にEbのダイアトニックコードを使っていますが、平行調であるCmのダイアトニックコードが1つ混ざっています。

こちらのダイアトニックコードは無料でダウンロード可能です。E♭のダイアトニックコード表をダウンロードしてください。

コードでピアノを弾きたい方のために「趣味だけど本気でピアノ」というメルマガを配信しています。無料動画レッスンの情報などもお伝えしているのでご登録ください。

JUN音楽教室「大人のためのオンラインピアノレッスン」では、コード奏法を使って、初心者でもカッコよくピアノが弾ける方法をご提案しています。

もう一度ピアノ やり直してみませんか?

頑張っても頑張っても自分の音楽に近づけない、今の練習で本当に良いのか不安、そんな方へ

あなたの練習に何が足らないのか、何が間違っているのか、30分であなたをスッキリさせます。

「ええ?!そんなことで?」「そこ変えるだけで?」「今すぐ練習したい!」 と、体験レッスンを終えたみなさん、やる気が湧いてくるようです。

趣味だけど本気でピアノを弾きたい方へ

メールマガジン始めます!

メルマガを始めることにしました。
自分のやりたいことは何かを本気で考えた結果です。

第1号は2020年11月8日(日)です!

ピアノ講師を始めて37年が経ちました。

音楽が好き、ただそれだけでピアノを続けてきましたが、講師になってからは悩むことだらけでした。

でも、音楽が好きで教える事が好き、音楽の素晴らしさをみんなに伝えたいと言う思いはずっと変わりません。

私が本当に教えたい人は?

趣味だけど本気でピアノ

そんな中、最近「私は誰に一番教えたいのか?」と言うことを考える事がありました。

子どもにも教えたいし、大人にも教えたいし・・・

最近ではオンラインレッスンやICT活用に関してピアノの先生に教えることも多くて、困っているピアノの先生の手助けになりたいと思っているのも確かです。

でも、今一番したいことは?

と考えた時、趣味だけど本気でピアノを弾きたいと思っている人に教えることだったのです。

このことは、私が講師になった理由でもあります。

どうすれば、ロックバンドでかっこよくピアノやオルガンを弾けるようになるか、そんなレッスンをしてくれるピアノ教室がなかったから、学生時代の私が教えて欲しかったことを教えられるピアノの先生になりたい、そう思って「ピアノ講師」を職業としたのです。

実際講師になってみて気づいたのは、ピアノ教室というとクラシックを教える教室ばかりで、ジャズピアノならまだあるのですが、ロックやポップスのピアノを教えてくれるところは本当に少ないのです。

今でも、バンドマンなど、プロのキーボーディストになるための専門学校はありますが、趣味でやりたいという人にポピュラーを教えてくれる教室は少ないと思います。

メルマガで何を発信するの?

そこで、趣味だけど本気でピアノを弾きたい、ポピュラーのピアノを弾きたいという人向けのメルマガを出そうと考えたのです。

誰も教えてくれなかった「コードの話」「リズムの話」そして「音楽の話」

何をお話しするのかというと、「コードの話」「リズムの話」そして「音楽の話」です。

特にどういう練習をすれば良いかという話をしたい思っています。

自宅での練習が便利になるように、スマホのアプリなども紹介しますね。

気になるって方は、ぜひ一度ご登録ください。
嫌ならいつでもやめられるし、また入りたいと思えば登録してもらえるシステムです。