月別アーカイブ: 2020年5月

ピアノの指使いをマスターしよう!

実は指使いを自分で決められるようになれば、脱初心者です!JUN音楽教室では、自分自身で指使いを考えるレッスンをしています。指使いを適当にしていませんか?指の使い方、理解していますか?これを知れば脱初心者です。

指は垂直に下ろすのではなくつかむ!

指の番号わかりますか?

参考サイト(JUNKO OKADAが記事を書いているサイトです)

指使いについてお悩みの方は、ワンポイントレッスンをご受講ください。

どんな絵が描けるかな?

聴音もゲームで!

音を聞いて絵を描きましょう。どんな絵が描けるかな?

音楽を感じる、言葉では言えないことも音楽では伝えられる、絵を描くことも音を奏でることも同じですね!JUN音楽教室ではレッスンにも取り入れています。

こちらは、単語帳メーカーというアプリで作成していますが、子どもの生徒さんのオンラインで大活躍しています。

単語帳メーカー 
https://itunes.apple.com/jp/app/id1124195119?mt=8

譜読みの練習 大譜表

オンラインで音読みにチャレンジしましょう!

YouTubeで音読みの練習ができます!フラッシュカードになっているので、できるところからチャレンジしてみてくださいね。

音符カードで早読み!

次は、音符カード早読みだ!!
これが簡単になったら10枚の音符カードで早読みにチャレンジしてね!
音符カード無料はこちら→

大人も子どもも音符が読めると便利!

ゲームで音符を覚えましょう!自宅にいながらマスターできます。オンラインレッスンも実施中です!

こちらのフラッシュカードは全てiPhoneアプリ単語帳メーカーで作っています。

単語帳メーカー 
https://itunes.apple.com/jp/app/id1124195119?mt=8

音程その①

コードを学ぶにも音程は必須!

音程を勉強するのは、楽譜を見て何度か解るためではありません。音程の感じられる演奏をするためです。音程を感じるためには、身体でまずは音楽を感じることです。そのために、私はフォルマシオン・ミュジカルやリトミックを学んでいます。

理論は動画で、音楽は身体で学びましょう!

単語帳メーカーでフラッシュカードを作成

アプリをピアノレッスンで!

これを使えば、色々なフラッシュカードができます!!音も画像も入れられるのでとっても便利ですよ。JUN音楽教室ではレッスンにICTを活用したいピアノの先生のサポートも行っています。

私が単語帳メーカーで作っているもの

  • 譜読み(フラッシュカード )
  • 聴音(単音)
  • 聴音(コード)
  • 音程(譜読み)
  • 調性(調号)判定
  • 楽語
  • コードネーム

単語帳メーカー 
https://itunes.apple.com/jp/app/id1124195119?mt=8

ドレ・ドシがわかるかな?

皆さん、ドはすぐに覚えられるんだけど、レとシを迷ってしまう人が多いですね。

レとシの違いはドより上なのか下なのかということです。

どちらが上かを知っておくことが重要です。

次の絵を見ると、おひさまは上、モグラは下ということがわかりますか?


上に上がると「レ」です。

下に下がると「シ」になります。

こちらの音符カードの欲しい方はこちらへ

JUN音楽教室では、レッスンの中で自作教材を多く使っています。

音符カード 全音符

ドレミファソ・ドシラソファ計10枚のカードです。高さがわかりにくい子どものために、もぐらとお日様のイラストを描きました。

ピアノの生徒用に大譜表の音符カードを作成しました。

JUN音楽教室のロゴ入りです。ロゴなしをご希望の場合はこちらへ→