「ソルフェージュ」カテゴリーアーカイブ

楽譜の読み方にはコツがある!

譜読みが苦手なために、ピアノは無理だと思っていらっしゃる方が多いようです。

ピアノ弾きたいけど、
楽譜が読めないから無理ですよね・・?

この楽譜にドレミを書いてください!

お問い合わせの時にこんな風におっしゃっていた生徒さんも、今ピアノを楽しんでいらっしゃいます。

ト音記号とへ音記号の読み方は同じ

譜読みの中でも皆さんが苦手とおっしゃるのは、ヘ音記号!

でも、実はちょっとしたコツさえ覚えればもっと譜読みは簡単になりますよ!

このように同じ場所でも、ト音記号とヘ音記号の音は違いますが、ドレミの順序は同じです!

楽譜の読み方ドの上はいつでもレ、ドの下はいつでもシ

楽譜の読み方のコツはこちらのサイトをご覧ください

オンラインレッスンで譜読みのトレーニングができます!

JUN音楽教室のレッスンはカスタムメイドのレッスンです。
やりたいことにポイントを絞ってレッスンします!

生徒さんのご希望は様々!どんな方がいらっしゃるかはこちらをご覧ください。

譜読みのポイントはリズム!

ただ多くの方が、勘違いしているのは、楽譜を読めていないのは何の音かがわからないという事ではなくリズムです。

楽譜には、音以外に様々な情報があるわけですが、リズムはその中でも重要な要素です。

特にポピュラーの場合、少々音が違っていても、リズムがバッチリならカッコよくなるのです。

→リズムの読み方

ポピュラーに必要なリズムを身につけたいと思いませんか?

→JUN音楽教室でやっているリズムトレーニングはこちら

詳しく知りたい方は体験レッスンを受講して下さいね!

「趣味だけど本気でピアノ誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを発行しています。

この中では、リズムトレーニングのお話しもしています。良かったらご登録ください。

→メルマガ登録はこちら

楽譜が読めなくても弾ける!

1つ1つ音を読まなくても音楽は読める!!

ト音記号は読めるけどヘ音記号は・・という人がパターン読みを知れば!?

ピアノをやり直す、ピアノを始めたいというとき、譜読みが苦手、楽譜が読めないということがネックになっている場合があります。

特にト音記号は読めるがヘ音記号が読めないという方が多いようです。

でも、パターンで読むこと、模様読みを覚えれば、ト音記号でわかることは、ヘ音記号でもハ音記号でもわかるのです!

パターン読み、模様読みはこのような音符のかたまりをとらえるやり方です。

文字の一つずつ「あ」や「い」ではなく、「愛」という単語、そして文章を読めるようにする方法です。

JUN音楽教室は練習方法を教えるピアノ教室です。

レッスンは譜読みを教えるのがメインではない!

譜読みに限らず、自宅でトレーニングできることは、レッスンで練習の方法をお教えします。パターン読みは大人の方の場合、方法を覚えれば、自分でトレーニングできますよ!

レッスンで、じっくりやる内容もありますが、大人の方は経験が様々なので「できること」「できないこと」の差がある場合が多いです。

そのため、やり方を覚えれば自分でできることに関しては、レッスンでは「やり方」を教えるだけです。

ピアノの練習で困っていることはなんですか?

ピアノの練習するときに困っていることはなんですか?

体験レッスン(2000円)で、そのお困りごとを解決しませんか?

ピアノを始めるネックになっているものは?

ピアノを始めることのネックになっているのはなんですか?

教えていただけませんか?

JUN音楽教室が解決できるかもしれません。

無料カウンセリング受けてみませんか?

楽譜の読み方が知りたいだけの方はこちらをご覧ください

「楽譜の読み方」のブログ記事はこちら→

譜読みのちょっとしたヒントについて情報もあるメルマガを配信しています。

楽譜が読めない、ピアノをやり直したい方、ピアノ初心者だけど、独学だけど・・

そんなあなたの練習に何が足らないのか、楽譜を読むのが苦手な方がどうすれば簡単に弾けるのか30分の体験レッスンでお伝えします。

やり直しの方の場合、体験レッスンだけで、お悩みが解決される方もいらっしゃいます!!

「ええ?!そんなことで?」「そこ変えるだけで?」「今すぐ練習したい!」 と、体験レッスンを終えたみなさん、やる気がわいてくるようです。

「やればできる!!」「あとはやるだけ!」になって、弾きたい気持ちがあふれて止まらない方増殖中です!

どれみめいろ 

どれみ迷路のゲームで音階を覚えましょう!ゲームで楽しく学びましょう!

どれみ迷路などの音楽グッズでレッスンを効率的に!

お勉強はなるべく楽しく、ゲーム性を持たせるというのが、JUN音楽教室の考えです。どれみ迷路も子ども達に人気のゲームです。レッスンの中に取り入れられる、様々な音楽ゲームのアイディアをご紹介しています。

譜読み・オンラインレッスン-1

カードゲームで譜読みが得意になるよ! どれみカードの使い方

音の階段を覚えると、楽譜をスラスラ読めるようになるよ!どれみカードを使って音の階段を覚えましょう。どれみカードを順番に並べたり、トランプの「七ならべ」や「スピード」に似たゲームで楽しく遊んで、譜読みのレベルをあげましょう。

★「どれみカード」はひらがなのカードですが、文字を覚えるためのカードではありません。ひらがなを覚えてからお使いください。

その他の使い方を知りたい方はこちらへ

譜読み・オンラインレッスン-2

どれみカードで音列を覚えれば譜読みもバッチリ!

どれみカード(ひらがな)を使ってゲームをしましょう。いつのまにか、音列(音の順番)を覚えると、譜読みが得意になるよ!

★「どれみカード」はひらがなのカードですが、文字を覚えるためのカードではありません。ひらがなを覚えてからお使いください。

譜読みの練習 大譜表

オンラインで音読みにチャレンジしましょう!

YouTubeで音読みの練習ができます!フラッシュカードになっているので、できるところからチャレンジしてみてくださいね。

音符カードで早読み!

次は、音符カード早読みだ!!
これが簡単になったら10枚の音符カードで早読みにチャレンジしてね!
音符カード無料はこちら→

大人も子どもも音符が読めると便利!

ゲームで音符を覚えましょう!自宅にいながらマスターできます。オンラインレッスンも実施中です!

こちらのフラッシュカードは全てiPhoneアプリ単語帳メーカーで作っています。

単語帳メーカー 
https://itunes.apple.com/jp/app/id1124195119?mt=8

ドレ・ドシがわかるかな?

皆さん、ドはすぐに覚えられるんだけど、レとシを迷ってしまう人が多いですね。

レとシの違いはドより上なのか下なのかということです。

どちらが上かを知っておくことが重要です。

次の絵を見ると、おひさまは上、モグラは下ということがわかりますか?


上に上がると「レ」です。

下に下がると「シ」になります。

こちらの音符カードの欲しい方はこちらへ

JUN音楽教室では、レッスンの中で自作教材を多く使っています。