「読み方」タグアーカイブ

楽譜の読み方にはコツがある!

譜読みが苦手なために、ピアノは無理だと思っていらっしゃる方が多いようです。

ピアノ弾きたいけど、
楽譜が読めないから無理ですよね・・?

この楽譜にドレミを書いてください!

お問い合わせの時にこんな風におっしゃっていた生徒さんも、今ピアノを楽しんでいらっしゃいます。

ト音記号とへ音記号の読み方は同じ

譜読みの中でも皆さんが苦手とおっしゃるのは、ヘ音記号!

でも、実はちょっとしたコツさえ覚えればもっと譜読みは簡単になりますよ!

このように同じ場所でも、ト音記号とヘ音記号の音は違いますが、ドレミの順序は同じです!

楽譜の読み方ドの上はいつでもレ、ドの下はいつでもシ

楽譜の読み方のコツはこちらのサイトをご覧ください

オンラインレッスンで譜読みのトレーニングができます!

JUN音楽教室のレッスンはカスタムメイドのレッスンです。
やりたいことにポイントを絞ってレッスンします!

生徒さんのご希望は様々!どんな方がいらっしゃるかはこちらをご覧ください。

譜読みのポイントはリズム!

ただ多くの方が、勘違いしているのは、楽譜を読めていないのは何の音かがわからないという事ではなくリズムです。

楽譜には、音以外に様々な情報があるわけですが、リズムはその中でも重要な要素です。

特にポピュラーの場合、少々音が違っていても、リズムがバッチリならカッコよくなるのです。

→リズムの読み方

ポピュラーに必要なリズムを身につけたいと思いませんか?

→JUN音楽教室でやっているリズムトレーニングはこちら

詳しく知りたい方は体験レッスンを受講して下さいね!

「趣味だけど本気でピアノ誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを発行しています。

この中では、リズムトレーニングのお話しもしています。良かったらご登録ください。

→メルマガ登録はこちら

コードの読み方・書き方・覚え方

音楽は世界共通言語って言われていますが、コードは音楽で使われる言葉の一つです。今回は、コードを言葉としてつかえるように読み方。書き方を覚えると楽しいですよ。

コードネームを見るとルートと種類がわかる

コードのことは全部ぼくが教えるよ!

AとかBとかはわかったんだけど、アルファベットの隣に色々書いてあるものがわからないです。

ああ、それはコードの種類なんだよ!

コードの種類ってなんだ?

コードの種類のことは「コード種類」のページをみてね。

アルファベットはそのコードのルート(根音)
つまり、そのコードを支えている音なんだよ。

なるほど・・・

コードの読み方・書き方は❶❷❸

下のコードはルートがAでm7♭5というコードなんだ。

読み方・書き方は1・2・3の順番だ。

エーマイナーセブンフラットファイブ
と、読むんだよ。

アルファベットの右に種類が書かれてないものもあるよね?

アルファベットだけでコードの種類を表しているものもあるよ!
例えば、Aはラのことを表しているけれど、
コードとしてのAは「ラド#ミ」という
Aを根音とした長3和音のことなんだ。

ほお・・

これはエーと読むよ。

こんなのもある
「エーマイナー」だ!

もぐらくんがコードでピアノを弾きたいなら
「コードとリズムではじめよう」に詳しく載っているよ!

わかった!!

コードの覚え方

でも、コードの種類ってすごく多いし、
全部覚えなきゃいけないのかな・・・?
覚え方のコツってある?

全部覚えなくても良いよ!
ただ、作り方を覚えておけば楽だよ。
覚えなくても、自分で作れば良いからね。
下のコードの作り方のブログを見てね!

コードを覚えるなら好きな曲のダイアトニックコードから!

覚え方のコツは、やっぱり好きな曲からおぼえること!
❶コードの作り方を知る
❷好きな曲をコードで弾く
これが大事だよ!

うん、うん
全部覚えなくていいんだ!

そうだよ。
好きな曲のキーのダイアトニックコードと、
あと2~3個覚えれば大丈夫!

ダ・ダイヤモンド?

ダイアトニックコード!!
詳しくは下の「ダイアトニックコード」のサイトを見てね。

わかった!
鬼滅のキーなんだろう・・
まずは調べてみよ。

鬼滅?
紅蓮華だったら確かEmだったから、
Gのダイアトニックコードと
B7というコードがわかれば大丈夫なはず。

でも、もぐらくん自分で調べてみてね。

コードの種類についてはここだよ!
ダイアトニックコードのコード表もダウンロードできるよ!