「独学」タグアーカイブ

ピアノ初心者練習法

とりあえず何を練習したら良いかわからないという方は

→初心者のための無料YouTube動画レッスン

ピアノ初心者こそ練習のやり方が大切!

昨年サイトを移転して7ヶ月が経ちましたが、今回このブログが100本目のブログとなりました。

ピアノ初心者の方にもオンラインでピアノレッスンを行っています。

→「大人のためのオンラインピアノレッスン」詳しくはこちら

私がこのサイトでブログを書いているのは、もちろんJUN音楽教室に趣味だけど本気でピアノを弾きたいと思っている人に来てほしいからですが、それと同時に独学でもちょっとだけピアノを弾きたいという人に正しい練習の仕方を知ってほしいと思っての気持ちもあります。

趣味でピアノを弾く人が増える、バンドでキーボードやる人が増える、そんなことを願ってこのブログを書いています。

これからもどうぞよろしくお願いします。

ピアノ初心者の練習曲

大人の方でピアノを始めたいという方は「この曲が弾きたい!」という方と、「ピアノが弾けるようになりたいので、何から練習すれば良いですか?」と方、この2つのタイプになる場合が多いようです。

弾きたい曲が決まってない場合

弾きたい曲がある場合は、その曲に必要なテクニックをお教えするのですが、そうでない場合は、ポジション移動の少ない曲をまず練習していただきます。

テクニックの楽譜は購入していただく場合もありますが、必要なトレーニングの楽譜を私が作る場合が多いです。

「はじめてのギロック」などはおススメです。でも、実はJUN音楽教室に来てくださる方に関しては、今までの生徒さんは全員「〇〇が弾きたい!」と言ってこられています。

「はじめてのギロック」に関しては、私が所属している楽器店の生徒さんのことなのです。

弾きたい曲が決まっている場合

私は、初心者でも弾きたい曲がある場合、初めからご希望の曲にチャレンジしてもらっています。

クラシックの大曲や、決まったアレンジの曲を弾きたいという場合は難しいのですが、ポピュラーの曲であれば、初心者でも弾きたい曲は、アレンジ次第で弾けるようになると思っています。

ポピュラーならたいてい弾けるというのには理由があります。

①その曲が好きだから良く聴いている

②メロディーを右手で弾ければ、左手の伴奏はいくらでも簡単にできる

③弾きたい曲だから頑張ることができる

ハ長調の曲 シャープ・フラットがない曲を選ぶ?

ピアノ初心者の方の多くはシャープやフラットのないハ長調の楽譜を探されることが多いようですが、ハ長調の曲は簡単なのでしょうか。

実は、ハ長調が簡単と思うのは、楽譜が読みやすいからです。

5本の指の長さはバラバラです。

長い指と短い指があるのですから、黒鍵と白鍵が混ざっていた方が弾きやすいのです。

どこを弾くかということさえ確認しておけば、
ハ長調の楽譜にこだわらずに済みますよ!

ピアノ初心者 何の練習から?

①楽譜を読む練習

よく知っている曲だからといっても、ピアノ初心者はそれが弾けるわけではありませんよね。

楽譜の読み方のコツを知りましょう。

ポイントさえ押さえておけば、楽譜を読むのが楽になりますよ。

JUN音楽教室ではまず音列と模様読みを覚えてもらっています。

②ピアノ初心者もコードを覚えよう!

コードは難しいと敬遠される方もいらっしゃいますが、初心者の方こそ、コードを覚えてほしいです。

一番簡単な伴奏は、実はコードのルートを弾くことです。

コードを覚えると言ってもとりあえずABCだけ、
しかも1曲の中では同じコードが何度も出てきます。

→コードの弾き方についてはこちら

例えば紅蓮華では、「つよく・・」のところと、「どうしたって・・」のところは同じコード進行なのですよ。

③自分の身体とピアノのことを知る

ピアノはどうやって音が出るのか、身体をどう使うのかを知ることは大切です。

知っておくだけで、上達のスピードが上がります。

→ピアノ初心者が知っておきたいことはこちら

脱初心者には正しい練習方法続けよう!

下手になる練習

上達するために一番大事なことは、マイナスの練習をしない事です。

マイナスの練習をするなら、練習はしない方が良いのです。

また、時間がないから1回だけ通しで弾こう‥というような練習は「頭を」使わない練習なので意味がありません。

時間がないなら1小節だけでも、ポイントを押さえて練習すべきなのです。

ピアノを弾かない練習もある!

また、ピアノは弾くだけが練習ではありません。

大人の方の場合、弾く時間が取れない時もあると思いますが、家事をしながら音楽を聞く、電車でYouTubeレッスン動画を見る、指の体操をするという事だって、大切な練習です。

ピアノ初心者は、弾くまでの練習もたくさんあります。

弾く時間がなくても、弾けないことに罪悪感を持たずできる練習をして行きましょう。

具体的なピアノ初心者のための練習方法

1曲を弾く時にも、練習の順番があります。

→ピアノ初心者に私がお勧めする練習方法はこちら

もっと詳しく練習方法の知りたい方は→体験レッスンお申込み

また、初心者だけどもっと深く学びたいという方には、オンラインでカスタムメイドのレッスンもご用意しています。

レッスンを受けるまでではないという方のために、「趣味だけど本気でピアノ誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを発行しています。

→メルマガ登録はこちら

ピアノ初心者こそコードで練習!

ピアノ初心者の教本はどんなのが良いですか?

最近よく頂くご質問です。

実は、コロナのために外に出られないということで、ペットを飼う人と、ピアノを始める方が増えたそうです。

昔は、ピアノ初心者といえばバイエルでしたが、今は様々な教本が出ています。

実は、選ぶテキストはやりたいことによって違ってきます。

ピアノ初心者もコードで練習!

子どもと大人では違うのですが、大人の方の場合、まずは私は好きな曲で、コードを練習することをお勧めしています。

どうしてコードなのか?!

コードがわかっていれば、レベルによって簡単に弾くことも、難しく弾くこともできるからです。

例えば、ハ長調の曲の中で、Cというコードが出てきたとしましょう。

全くの初心者なら、「ド」だけ弾けば良いのです。

もちろん、難しくしようと思えば音数を増やす、リズムを難しくするなど、方法はいくらでもありますよ!

コード以外では何を練習するの?

固定ポジション→ポジション移動

次にお勧めするのは、好きな曲のメロディーを片手で練習することです。

メロディーを弾けるようになるためには、ある程度指がバラバラに動かなければなりませんので、好きな曲で練習しましょう。

好きな曲なんでも良いのかといえば、もちろんそうではありません。

何かのイベント、例えば結婚式などで「どうしてもこの曲を弾きたい!」という場合でなければ、初心者にはできるだけ固定五指のポジションで弾ける曲をお勧めします。

固定五指のポジションというのは、ドレミファソやソラシドレなどの順番に5つ並んでいる音を12345の指で弾くポジションで、ブラインドタッチの第1歩です。

ピアノのテクニックでまず身につけたいものの中に、ブラインドタッチがあります。
ブラインドタッチというのは鍵盤を見ないで弾くということです。

そして、それができてポジション移動を覚えれば、鍵盤の端から端まで自由に弾くことができるようになるのです。

→ポジション移動について詳しくはこちら

独学初心者のためのYouTubeピアノレッスンのサイトでは、私がお勧めする練習方法を順番に載せています。

→独学初心者のための無料YouTube動画レッスン

もっと詳しく練習方法の知りたい方は→体験レッスンお申込み

JUN音楽教室ではオンラインでカスタムメイドのレッスンを行っています。

レッスンを受けるまでではないという方のために、「趣味だけど本気でピアノ誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを発行しています。

→メルマガ登録はこちら

オンラインレッスンのデメリット

アンサンブルはできないけれど・・・

オンラインレッスンでできないこと

私はピアノソロより、圧倒的にアンサンブルが好きです。

初めての習い事の経験が「ピアノ教室」ではなく「音楽教室」で、アンサンブルを教えてくれる教室だったからかもしれません。

初めての音楽教室での先生の影響も大きいのかもしれませんが・・

普段のレッスンでも生徒さんとアンサンブルをしながら「伝える」ということを心掛けています。

私は、10年前からオンラインなどを利用したリモートレッスンをやっているのですが、この「アンサンブルで伝える」という事は、残念ながらリモートレッスンではできません。

生徒さんの演奏にリアルタイムで反応して私が音を出すことができないからです。

ピアノレッスンを受ける時に注意したいこと

オンラインではないピアノレッスンではアンサンブル!

そのため、実際に同じ空間にいるレッスンでは、このアンサンブルで伝えるというレッスンが重要だと考えています。

オンラインでもできること、オンラインの方が得意なレッスンだけをしていたのでは、リアルなオフラインのレッスンの価値が下がると思うのです。

リアルなレッスンなのに、生徒さんの演奏を腕組みしながら聞いて、

あら!
ここが間違っているじゃない!
次回までに直してきてね!

なんてレッスンをしていては意味がないのです。

生徒さんの演奏を細かく見て、それに対しての弾き方の指導をするといった事は、実は何度も見ることのできる動画レッスンの方が良かったりもします。

生徒さんは、自分の練習が間違っているかどうかわからなくなった時、動画レッスンなら繰り返し、視聴できるのです。

ただ、一緒にその空間でできること、音楽を共有することはオンラインや動画レッスンではできません。

ですから、生でレッスンを受けるのであれば、ぜひ、音楽を共有するレッスンを受けるようにしてください。

音楽をやる上で、アンサンブルをする音楽を誰かと共有することは本当に楽しいことです。

私はピアノ講師であり、教えるのが職業であり、演奏家ではありませんが、ずっと「ライブ」をやって行きたいと思っています。

練習はオンラインや独学だったとしても、ぜひアンサンブルの機会を持ってくださいね。

さて、オンラインではどんなレッスンができるのでしょうか?

詳しくはこちらをご覧ください。

趣味だけど本気でピアノを弾きたい方へ

ピアノをやり直したいけど、レッスンを受けるまでではないという方、コードのこと、ピアノの練習方法などのメルマガ「趣味だけど本気でピアノ 誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを配信しています。

ぜひ、ご登録ください。

明けましておめでとうございます

2021年 あけましておめでとうございます

あけまして おめでとう ございます。

年明けから、大変なニュースばかりが流れていますが、今自分にできることを頑張るしかないですね。

音楽の力を信じて・・

オリジナル

さて、私がiPadでイラストを描き始めて1年半になりましたが、今年は年賀状のために牛のイラストに挑戦しました。

左右の牛、ほんの少しずつ変えているのですが、1つめに書いたものをコピーペーストして直しているだけなので簡単にできます。

2つ別々に描く場合、そうは行きませんよね。

全く同じものを手描きでコピーは不可能です。

演奏も同じことです。

全く同じ演奏は2度とできないのです。

1回、1回の演奏を大切にしなければと思います。

もちろん、思いはあるけれどうまく行かないという方も多いでしょう。

ただ、自分に合った正しい練習をすれば、必ず前に進めます。

JUN音楽教室の大人のためのオンラインピアノレッスンでは、生徒さん一人ひとりに合った練習方法をご提案させて頂いています。

無料カウンセリングも実施していますので、練習でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

メルマガも配信中です!

「趣味だけど本気でピアノ 誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを配信しています。

相談するまでではないとおっしゃる方も是非ご登録ください。

楽譜が読めなくても弾ける!

1つ1つ音を読まなくても音楽は読める!!

ト音記号は読めるけどヘ音記号は・・という人がパターン読みを知れば!?

ピアノをやり直す、ピアノを始めたいというとき、譜読みが苦手、楽譜が読めないということがネックになっている場合があります。

特にト音記号は読めるがヘ音記号が読めないという方が多いようです。

でも、パターンで読むこと、模様読みを覚えれば、ト音記号でわかることは、ヘ音記号でもハ音記号でもわかるのです!

パターン読み、模様読みはこのような音符のかたまりをとらえるやり方です。

文字の一つずつ「あ」や「い」ではなく、「愛」という単語、そして文章を読めるようにする方法です。

JUN音楽教室は練習方法を教えるピアノ教室です。

レッスンは譜読みを教えるのがメインではない!

譜読みに限らず、自宅でトレーニングできることは、レッスンで練習の方法をお教えします。パターン読みは大人の方の場合、方法を覚えれば、自分でトレーニングできますよ!

レッスンで、じっくりやる内容もありますが、大人の方は経験が様々なので「できること」「できないこと」の差がある場合が多いです。

そのため、やり方を覚えれば自分でできることに関しては、レッスンでは「やり方」を教えるだけです。

ピアノの練習で困っていることはなんですか?

ピアノの練習するときに困っていることはなんですか?

体験レッスン(2000円)で、そのお困りごとを解決しませんか?

ピアノを始めるネックになっているものは?

ピアノを始めることのネックになっているのはなんですか?

教えていただけませんか?

JUN音楽教室が解決できるかもしれません。

無料カウンセリング受けてみませんか?

楽譜の読み方が知りたいだけの方はこちらをご覧ください

「楽譜の読み方」のブログ記事はこちら→

譜読みのちょっとしたヒントについて情報もあるメルマガを配信しています。

楽譜が読めない、ピアノをやり直したい方、ピアノ初心者だけど、独学だけど・・

そんなあなたの練習に何が足らないのか、楽譜を読むのが苦手な方がどうすれば簡単に弾けるのか30分の体験レッスンでお伝えします。

やり直しの方の場合、体験レッスンだけで、お悩みが解決される方もいらっしゃいます!!

「ええ?!そんなことで?」「そこ変えるだけで?」「今すぐ練習したい!」 と、体験レッスンを終えたみなさん、やる気がわいてくるようです。

「やればできる!!」「あとはやるだけ!」になって、弾きたい気持ちがあふれて止まらない方増殖中です!

ピアノを諦めたくないあなたへ

あきらめたらそこで試合終了ですよ

スラムダンクで安西先生が三井に言った、ものすごく有名なセリフです。ほんとうにそう。バスケは体力的なことがあるから、年齢的にあきらめるという事があるのかもしれないけれど、ピアノはどうでしょう。ピアニストにはなれないかもしれませんが、年齢であきらめる必要はないのではないでしょうか。

スラムダンクはコーチングのバイブルです。

私は、スラムダンクが大好きです。単に好きなだけでなく、音楽講師として、ピアノ講師として生徒を指導する時のバイブルと思っています。音楽は答えが決まっているものではありません。そして「正解」は自分自身しかわからないものなのです。生徒さん自身の音楽、生徒さん自身の「正解」を引き出すのが音楽講師である私の仕事だと思っています。

大人のピアノ初心者は無理なの?

大人の初心者はいまさら無理なのでしょうか。確かに何かを始めるのに大人の初心者は難しいのかもしれません。ただ、大人はそれ以外の経験があります。ピアノを弾いたことはなくても、指や腕を使っているので、出来ることも多いのです。また様々な経験もあるのです。それが音楽にプラスにならないはずはありません。あきらめないでください。

ピアノやり直ししたいけど・・

子どもの頃やっていたピアノをもう一度という方は多いです。そういう方こそコード弾きがおおススメです。ソナチネやツェルニーで苦しんでいた方が、コードを覚えて簡単に弾けるようになった方、たくさんいらっしゃいます。クラシックでもコードが使えるのです。あきらめないでください!

ピアノ独学でいきたいけど・・

そんな方も、ちょっとだけ半年だけ、3ヶ月だけでもレッスンを受けてみてください。身体の使い方、効率的な練習方法を覚えてもっと自由に弾けるようになるはずです。独学でマイナスの練習になるのはもったいないです。自由なピアノ、思い通りのピアノあきらめないでください。

ピアノをあきらめたくない方に

そんなピアノをあきらめたくないという方こそ、JUN音楽教室は応援します。試してみませんか?

レッスンを受けるほどではないけどという方のために、メルマガを配信しています。

ピアノの練習に役立つ情報を発信していますので、ぜひご登録ください。