「押さえ方」タグアーカイブ

初心者でも弾ける!香水/ピアノ

ピアノ初心者もコードを使って簡単に弾き語り

瑛人さんの香水、人気ですね。

ピアノで弾きたいという方多いのですが、コードを覚えれば簡単です!

香水で使うコードは5つ Ab・Bb・Eb・G・Cm

使うコードのほとんどは変ホ長調(Eb)のダイアトニックコードです。

→ダイアトニックコードについてはこちら

片手ずつの練習

左手はコードのルートを弾きます。

→ルートに関してはこちら

ピアノコード 右手は以下の形で押さえましょう

コードの押さえ方は色々ですが、今回はこの押さえ方だけで練習します。

香水のコード進行 変ホ長調 ♭3つ

香水のコード進行は以下の形がずっと繰り返されています。

香水/瑛人 コードの楽譜はこちら

コードより楽譜の方がわかりやすい方はこちらから!

片手の練習

両手の練習 香水はピアノ初心者でも両手で弾ける!

片手ずつができたら、両手でも練習してみましょう。

左手の位置を確認したら右手を乗せて練習しましょう。

香水の簡単イントロ+リズムアレンジ

両手ができたらイントロもつけてみましょう。コード通りで弾けるアレンジなので初心者の方も簡単です。

伴奏は弾き語りのしやすいリズムで良いのですが、今回は以下のようなリズムにしました。

「香水・ピアノ」完成形 メロディー+歌詞つきmidi鍵盤動画

解説が必要ない方は、こちらの動画をご覧ください。

コードで始めるオンラインレッスンも実施中です。

ピアノでコードをどう弾くのか、どんなリズムにすれば良いのかと言う方は

→コードでピアノをカッコよく!

レッスンを受けるまでもないけどという方は・・

「趣味だけど本気でピアノ 誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」と言うメルマガを配信しています。

もう一度ピアノ やり直してみませんか?

頑張っても頑張っても自分の音楽に近づけない、今の練習で本当に良いのか不安、そんな方へ

あなたの練習に何が足らないのか、何が間違っているのか、30分の体験レッスンであなたをスッキリさせます。

「ええ?!そんなことで?」「そこ変えるだけで?」「今すぐ練習したい!」 と、体験レッスンを終えたみなさん、やる気が湧いてくるようです。

コードの押さえ方 基本形と転回形

片手で押さえるコード 3和音なら3種類!

ピアノのコードの押さえ方は色々です。

これは、何もピアノに限ったことではなく、ギターだって、Cの押さえ方は一つではないのです。

ピアノのコードの押さえ方は無数にあります。

そういうと大変そうで覚えられないと思うかもしれませんが、片手なら3種類覚えればOKです!

片手で弾くとなると、そこまで手を広げられないので、押さえ方に限界があるのです。

コードを片手で押さえるとすれば、下の3種類(基本形・第1転回形・第2転回形)です。

Cの基本形

押さえ方は、左手なら5・3・1、右手は1・3・5となります。

Cの第1転回形

押さえ方は左手5・3・1右手1・2・5となります。

Cの第2転回形

押さえ方は左手5・2・1右手1・3・5となります。

様々なコードの基本形

基本形はこのようにお団子がくっついたようになっているコードです。

押さえ方はCの時と同じく左手5・3・1、右手1・3・5です。

第3音(ルートの3度上)からの第一転回形

第1転回形はこのように一番下と真ん中が3度、真ん中と上が4度と、真ん中と上の音が真ん中と下の音に比べ離れています。

押さえ方は左手5・3・1、右手1・2・5です。

第5音(ルートの5度上)からの第二転回形

第2転回形はこのように一番下と真ん中が4度、真ん中と上が3度と、真ん中と下の音が真ん中と上の音に比べ離れています。

押さえ方は左手5・2・1右手1・3・5となります。

弾き語り・歌伴奏なら左手ルート+右手コード

弾き語りや歌の伴奏の場合、ピアノがほとんどメロディーを弾かないので、左手がルートで右手は上の3種類のどれかを押さえれば良いのです。

もちろん、どれでも良いわけではありません。

基本形と転回形、どれが正しいの?

どれが正しいと決まっているわけではありません。メロディーがどうなっているかやコード進行によって考えていかなければなりません。トップノートがどうなっているのかということも問題です。

ただ、このことを知っておけば、少しずつ自分で良い音が見つけられるでしょう。

★指使いは絶対ではありません。指の長さ手の大きさはそれぞれなので、柔軟に考えてください。

コードの押さえ方が詳しく知りたい方はワンポイントレッスンをご受講ください。

コードの押さえ方 ルート

ピアノはどうやってコードを押さえるの?

コードの種類もわかったし、
どうやって書いてあるのもわかったんだけど、
どうやって押さえれば良いのかわからないという方が多いようです。
そこで今回は、コードの押さえ方についてノートくんに教えてもらいましょう。

ピアノコードは左手で押さえる?

コードは左手で押さえるんだよね・・

どうして左手って思うの?
ピアノは両手で弾く楽器だよ!

右手でメロディー左手でコードだよね?

右手でメロディーとコード、
左手ではルートだけって時も多いんだ。

左手はルート(根音) ルートって?

ルートってなに?

ルートというのは、
そのコードを木の根のように支えている音のことで、
コードネームの初めに書いてある
大文字のアルファベットの音のこと!
下にある3つのコードだとどれでも、ルートはA(ラ)なんだ!

じゃあ、もぐらくん。
このコードのルートはなんだかわかる?

なんだか難しそうなコードだけど、
初めの大文字がCだからC?
ドかな?

大正解!!!

やった!!

左手はルートを弾くことが多い!

ピアノは左側が低い音だから、
左手でベースの役割を担当することが多い。
だから左手でルート音を弾くことが多いんだ。

ピアノの場合、左手でベースを担当するのですが、一度に多くの音を弾いている場合も一番低い音がベースになるようになっています。

コード譜を見て、左手でルートを押さえるように練習しよう!

ピアノは一人で色々やらないといけないから大変なんだよ。
歌の伴奏や弾き語りの時も、左手はベースを担当しているので、
左手はルートを弾くっていう事は覚えておいた方がいいね!

じゃコード見て、
左手でルートが押さえられるように
練習しよう!!

それがいい!!
まず、好きな曲のコード見て、
左手でルートが押さえられるように
頑張ってね!

コードの種類など詳しいことが知りたい方はこちらへ

ABCDEFGを覚えよう!

ABCDEFGが表すもの!

普段使っているドレミファソラシドは実はイタリア語です。ドレミファソラシを英語で言うと、「CDEFGAB」となります。

Aはラ・Aはラド#ミ

つまりAという意味があるのですが、それと同じようにラド#ミという和音の名前でもあるのです。

AmとA、A7、Amaj7・・・初めにAならルートはA(ラ)

楽譜にAと書かれている場合はコード(ラド#ミ)を表しています。Amと書いてあるときは「ラドミ」を表しています。同じように「ラ」がついているのがわかりますか?初めにAがついているとAの音(ラ)がルート音(根音)となります。ルート音というのは、その和音を支えている音の事です。

ピアノを弾くという時、右手はメロディー左手はベース(単音)を弾くことになりますが、その時はこのルート音(根音)を弾きます。

コードの種類はまたゆっくり覚えるとして、
まずはABCDEFGはラシドレミファソを覚えましょう!

コードを全ていっぺんに覚えるのは大変なので、まずは好きな曲のダイアトニックコードから!ダイアトニックコードの説明とコード表(無料ダウンロード)はこちら

弾きたい曲のコードをどういう風に押さえれば良いのか、コードの押さえ方が知りたい方は、まずは体験レッスンを!