「大人」タグアーカイブ

Cのコードの押さえ方

ピアノコードとギターコード違いは積み方

ピアノコードを知りたいという方、多いですね。

ギターのコードならわかるのだけどピアノは・・・と。

コードはピアノもギターも同じ、Cはドミソです。

正確にいえば、ドとミとソを使った和音のことです。

つまり、コードの言い方、
コードネームはピアノもギターも同じなのです。

ただ、ギターとピアノでは、コードの押さえ方、積み方が違うのです。

ギターとピアノの違いについては、こちらのサイトにも記事を書いています。

→ピアノでもコード

コードは左手?

ピアノは両手で弾く楽器、
特に右手メロディー+左手伴奏という形で弾くことが多いので、

コードというと、片手で弾ける形のものだと思っている人がいます。

基本形・第一転回形・第二転回形などの形です。

この形で押さえるピアノの楽譜、見たことないですか?

バイエルやブルクミューラーなどにもこの形がよく使われています。

クラシックでよく使われているということは、この形が悪いわけではありません。

でも、ポップスをこの形だけで弾いていたのでは
なんかカッコよくないんですよね。

左手ベースのみから

JUN音楽教室では左手はコードのルートなど
ベース音のみからの練習をおススメしています。

頑張って左手で和音弾いて一生懸命動かすより、ずっとカッコよくなるのです!

コードでピアノ

JUN音楽教室では、コードでピアノを弾くことをおススメしていますが、
一般的な左手ドミソ・ドファラ・シレソではありません。

おしゃれな押さえ方、簡単でカッコ良いアレンジを提案しています。

このおしゃれなコードの弾き方、
かっこいいリズムは、プロが普通にやっていることです。

楽譜には書かれていないけど、
YouTubeなどで、秘密を明かしている方も多いですよね。

体験レッスンでは、その秘密もお伝えしています。

→体験レッスンを申し込む

音の積み方を知りたい方は?

音の積み方だけわかれば自分で練習できるという方は、
以前にもご紹介した、
「田代ユリのポピュラーピアノレッスン【サウンド編】」がおススメです。

→「田代ユリのポピュラーピアノ・レッスン」ご購入はこちら

オンラインでポピュラーピアノレッスン

JUN音楽教室では、コードを活用した
実際に弾けるようになる練習法をお伝えしています。

「楽譜通り弾いているのになんか違う!」という方、

ヒントは楽譜にではなく
音楽の中にあります!

ポイントはリズム!

ドラムとベースを
歌ってみよう!

なんなら、リズムに合わせて体を動かしてみる!

なんだか楽しくなってきたのでは?

ドラムを歌うってことがわからない方は、体験レッスンを!

趣味だけど本気でピアノを弾きたい方へ

レッスンを受けるまでではないという方、コードのこと、ピアノの練習方法などのメルマガ「趣味だけど本気でピアノ 誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを配信しています。

→メルマガ登録はこちら

ぴったりの練習方法が知りたい方はこちら→「無料タイプ別練習方法診断」

ピアノ初心者こそコードで練習!

ピアノ初心者の教本はどんなのが良いですか?

最近よく頂くご質問です。

実は、コロナのために外に出られないということで、ペットを飼う人と、ピアノを始める方が増えたそうです。

昔は、ピアノ初心者といえばバイエルでしたが、今は様々な教本が出ています。

実は、選ぶテキストはやりたいことによって違ってきます。

ピアノ初心者もコードで練習!

子どもと大人では違うのですが、大人の方の場合、まずは私は好きな曲で、コードを練習することをお勧めしています。

どうしてコードなのか?!

コードがわかっていれば、レベルによって簡単に弾くことも、難しく弾くこともできるからです。

例えば、ハ長調の曲の中で、Cというコードが出てきたとしましょう。

全くの初心者なら、「ド」だけ弾けば良いのです。

もちろん、難しくしようと思えば音数を増やす、リズムを難しくするなど、方法はいくらでもありますよ!

コード以外では何を練習するの?

固定ポジション→ポジション移動

次にお勧めするのは、好きな曲のメロディーを片手で練習することです。

メロディーを弾けるようになるためには、ある程度指がバラバラに動かなければなりませんので、好きな曲で練習しましょう。

好きな曲なんでも良いのかといえば、もちろんそうではありません。

何かのイベント、例えば結婚式などで「どうしてもこの曲を弾きたい!」という場合でなければ、初心者にはできるだけ固定五指のポジションで弾ける曲をお勧めします。

固定五指のポジションというのは、ドレミファソやソラシドレなどの順番に5つ並んでいる音を12345の指で弾くポジションで、ブラインドタッチの第1歩です。

ピアノのテクニックでまず身につけたいものの中に、ブラインドタッチがあります。
ブラインドタッチというのは鍵盤を見ないで弾くということです。

そして、それができてポジション移動を覚えれば、鍵盤の端から端まで自由に弾くことができるようになるのです。

→ポジション移動について詳しくはこちら

独学初心者のためのYouTubeピアノレッスンのサイトでは、私がお勧めする練習方法を順番に載せています。

→独学初心者のための無料YouTube動画レッスン

もっと詳しく練習方法の知りたい方は→体験レッスンお申込み

JUN音楽教室ではオンラインでカスタムメイドのレッスンを行っています。

レッスンを受けるまでではないという方のために、「趣味だけど本気でピアノ誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを発行しています。

→メルマガ登録はこちら

音は何色?

私にとって音楽とは ピアノ講師とは

その音は何色?

昔、生徒に聞かれたことを思い出しました。

お休みはね。
とっても大事なの。

お休みっていうのは、弾いてる音と同じで、
ないわけじゃなくって、見えてない音なんだよ。
見えないけど、ちゃんとあるんだから大切にしようね。

それって何色?

え・・・・(汗
えと、えと・・
透明な音かな?

へえ・・
透明かあ・・♥

休符の色は透明!

慌てて口からでた透明という言葉でしたが、以来私のレッスンでは休符の色は「透明」という事になっています。

30年前の話です。

他の生徒たちもピアノを弾く時だけでなくリズム唄する時でも、みんな休符を大切にしてくれています。

「シャボン玉持つ感じかな?」とか・・・

休符は「ない」わけではないから、大切にしようという事はいつもレッスンで伝えていたことですが、「どんな色?」って考えてみたこともありませんでした。

その時の生徒には教えられることがとても多かったです。

ドミナントモーションはどんな気持ち

私がドミナントモーションのことを教えたとき、

センセ!
この気持ちって、
そういう名前だったんだ♥

コードに名前があったんだね。

コードネームを教えたときは、

この音にも名前があったんだ!

当時、その生徒は1年生くらいだったと思いますが、自分自身がもっともっと勉強しなければと感じました。

私はピアノ講師になった当初から子どもにも大人にもコードを必ず教えていましたが、単に名前だけでなく、響きやコード進行を教えることの大切さを実感したのでした。

私自身がロックについてやコードについてピアノの先生から教えてもらえなかったという経験から、クラシックの道に進みたいと思う生徒が困らないようにも勉強しています。そして、その生徒のレベルが上がってきたらお任せできる先生を探すことも必須です!

もちろん、この時の生徒だけではありません。
生徒からはいつも教えられます。

生徒たちは、大切な生徒であるとともに私の先生でもあるのです。

今なぜ大人の生徒なのか?

私は、今、オンラインで「大人のためのピアノレッスン」をやっています。
リアルでは子どもの生徒さんも教えていますが、オンラインは大人の方がメインです。
これは、私の長年の講師としての気持ちから出ているものです。

現在のピアノ教室は私がピアノ教室に通っていたころとは違って、ポピュラーも教えてくれるし、自分の好きなスタイルでピアノのレッスンを受けることができます。

でも、その多くは子ども向けのものではないでしょうか。
ピアノ講師になる前の私、頑張っても頑張っても自分の音楽に近づけない、
今の練習で本当に良いのか不安、そんな方へお伝えしたい。
今からやればできるってこと!

「大人のためのオンラインピアノレッスン」は、そんな思いを込め開講しているレッスンです。

ピアノをやり直したい方、ピアノ初心者だけど、独学だけど・・

そんなあなたの練習に何が足らないのか、何が間違っているのか、30分であなたをスッキリさせます。

体験レッスンだけで、お悩みが解決される方もいらっしゃいます!!

「ええ?!そんなことで?」「そこ変えるだけで?」「今すぐ練習したい!」 と、体験レッスンを終えたみなさん、やる気がわいてくるようです。

「やればできる!!」「あとはやるだけ!」になって、弾きたい気持ちがあふれて止まらない方増殖中です!

体験レッスンの流れ

①お申込みのメールアドレスに体験レッスン料の振込先メールが届きます。
②メールでカウンセリング(体験レッスンの内容と日程を相談)
③日程を決めZOOMで体験レッスン(約30分・2000円)
弾きたい曲の一部分などご希望の内容で、「大人のためのオンラインピアノレッスン」を体験していただきます。

★レッスン内容でお悩みの場合、ZOOMでの無料カウンセリング(30分)もご用意しております。

★ZOOMが使えないなど、お困りの方はご相談ください。ZOOM以外の方法もご提案します。

メルマガも配信中です!

趣味だけど本気でピアノ

そして、今「私は誰に一番教えたいのか?」と言うと、趣味だけど本気でピアノを弾きたいと思っている人です。

メルマガで何を発信するの?

誰も教えてくれなかった「コードの話」「リズムの話」そして「音楽の話」をお話しします。

特にどういう練習をすれば良いかという話をしたい思っています。

自宅での練習が便利になるように、スマホのアプリなども紹介しますね。

気になるって方は、ぜひ一度ご登録ください。
嫌ならいつでもやめられるし、また入りたいと思えば登録してもらえるシステムです。