「フォルマシオン・ミュジカル」タグアーカイブ

フォルマシオン・ミュジカルの学びのために!

keynoteで作った3つの表

昨日、私は3つの表を作りました。

①楽曲分析

曲の特徴をまとめる表です。

作曲家は?
拍子は?
調性は?
時代は?
リズムにどんな特徴がある?

といった、それぞれの曲の特徴をまとめるための表です。

②音楽史

バロック・古典・ロマン派・近現代はもちろん、
中世やルネサンスの作曲家の年表です。

出来上がったというわけではなく、
少しずつ書き入れていく元を作ったということです。

なんかやっているうちに、作曲家の地図も必要だな・・
と感じています。

そういえば
白地図もダウンロードできるし・・

やるしかないね!!

③レッスンで教えるべき項目

レッスンの前に、この曲ではどんな学びをしていけば良いか、
項目ごとにまとめているのですが、
実はこれまではテキストに手書きしていました。


ただ、どこに書いたかわからなくなるので、
きちんとまとめることにしたのです。

keynoteはもちろん、デジタルでまとめておけば、
後から探す時に速いですよね。

実際に作曲家のことを調べる時間は大切だけど、
それをどこに書いたのか調べる時間は無駄ですよね?

フォルマシオン・ミュジカルの学び

そして、この3つの表は私が今学んでいる
フォルマシオン・ミュジカルと深い関係があります。

実は11月1日(月)11月2日(火)と2日間、
津覇先生のフォルマシオン・ミュジカルセミナーを受講しました。

フォルマシオン・ミュジカルでは、
譜読みや聴音だけではなく、
音楽史や即興などでの学びがあります。

そして、それらは全て楽曲から学んでいきます。

私がフォルマシオンミュジカルを知ったのは、
7年前、横浜に来た時です。

2015年春、私はダルクローズのリトミックを学ぶために
「リズムの森」に通い始めました。

その時、私のクラスの担任だったのが、
フォルマシオン・ミュジカルについて当時から指導されていた
髙田美佐子先生です。

髙田先生の授業は、いつも音楽であふれていました。

→当時の髙田先生のレッスンについて書いたブログ

そんな髙田先生が主催されていた
フォルマシオン・ミュジカルの講座に
興味がないはずがありません。

私は、広島から横浜に来て勉強したいことは4つでした。

①通信教育の大学で子どもの発達と教育のICT活用を学ぶこと

②樹原涼子さんのピアノランドマスターコースに入る

③中島久恵さんのジャジーランドに参加

④ダルクローズのリトミックを学ぶ

この4つはすでに目的を達することができました。

そして、私が横浜に来て出会った新しい学びが、
フォルマシオン・ミュジカルだったのです。

知らない曲が多すぎて!!

フォルマシオン・ミュジカルの特徴は、
楽曲から学んでいくことですが、
私は、本当に曲を知りません。

フォルマシオン・ミュジカルを学ぶようになって少しずつ勉強していますが、
なかなかみんなについて行けません。

そして、自分が受ける授業でも、生徒のレッスンでも、
曲について調べるのですが、
すぐに忘れてしまうという状況が続いていたのです。

そんな時、津覇先生のセミナーを受け、
この表を作ることにしたのです。

実は、1週間ほど前、髙田美佐子先生からの音楽史の課題で、
自分で年表を手書きで作り始めていたのですが、
後からつかえるものにすべきだと思い直し、
keynoteで作ることにしました。

達成感がうれしくて、
「手書き!」と思っていたのですが、
考えてみれば音楽家の年表はすでに美しいものが出てる、
生徒にはそれを見せれば良いのです。

私がすべきことは、レッスンで使える内容をまとめることでした。

目的から、ずれたことを頑張ってしまうとダメですね。

もちろん、趣味として美しいものは作りたいですが、
優先順位は下です(笑)

ICTをレッスンに活用しませんか?


デジタルはコピー&ペーストと、検索が得意です。

レッスンで使える資料、一緒に作ってみませんか?

「あったらな」を自分で作るためのICT活用無料相談会 第2弾

日時 : 2021年11月30日(火)10時〜12時(アーカイブ受講あり)

場所:オンライン(@zoom)

内容:iPad活用術(私が普段やっていることのご紹介)
   覚えておきたい用語・著作権・Zoomについて
   ICT活用セミナーの進め方について
   質問、ICT活用に関してのご相談
   

★終了後お送りするアンケートにお答え頂きます。
アーカイブ受講の方もアンケートをお願いします

今回作ったkeynoteの表の作り方だけではなく
活用法などをご紹介します。

大切なのは作り方よりレッスンでどう活用するかです!

ICT活用セミナー(無料相談会後開催後)

無料相談会に参加できない方もご参加いただけます。

  • 毎月第4火曜日10時~12時
  • 受講料2000円/1回
  • 動画受講あり(セミナー後にYouTubeで限定公開)
  • 実践セミナーです(動画はアーカイブと編集したものを限定公開)

★初回は2021年1月25日(火)を予定しています。

★毎回内容が異なりますので、ご自分の希望されるセミナーのみご参加ください。
(内容により複数回連続になる場合もあります。)

★Zoomセミナーに参加された方にも動画のリンクをお送りしますので、
復習にご利用ください。

フォルマシオン・ミュジカルのサイト

フォルマシオン・ミュジカルとの出会い

最近、ピアノの先生方でフォルマシオン・ミュジカルを勉強されるかた、
増えていますよね。

私も、横浜に来て「フォルマシオン・ミュジカル」に出会いました。

以前にもお話ししましたが、「フォルマシオン・ミュジカル」は、

今私が学ぶべき事のすべてが入っているような気がします。

私は、8年前リトミックを知りたいためにリズムの森に行き、
そこで出会ったのが、フォルマシオン ・ミュジカルを勉強されている
髙田美佐子先生だったのです。

フォルマシオン・ミュジカル 誌上レッスン

私は、髙田美佐子先生主催の講座に現在も参加しているのですが、
フォルマシオン・ミュジカルの勉強がネット上でできる嬉しいサイトが、
YAMAHAの輸入楽譜専門サイトです。

このサイトで「フォルマシオン・ミュジカル特集」をやっているのです!

こちらは髙田美佐子先生が記事を書いていらっしゃって、
これまでもピアノの先生仲間にご紹介してきました。

実は現在開催している「ピアノの先生のためのICT活用セミナー」でも、
このサイトをPDFにできるノートアプリもご紹介しています。

誌上レッスンがPDFに!

これまでWEBページをPDFにできるノートアプリをご紹介していたのですが、
本日、すごいことを発見しました。

これまで、WEB上でしか見ることができなかった、
髙田美佐子先生の誌上レッスンが、
PDFでダウンロードできるようになったのです!

私はすでにノートアプリでPDFにしていたのですが、
嬉しくてつい、ダウンロードしてしまいました。

ヤマハミュージックのWebショップで、
「フォルマシオン・ミュジカルをはじめよう!」という
特設のコーナーが作られていて、
PDFはそこでダウンロード可能です。

誌上レッスンは24回までですが、
こちらのコーナーではまだ15回までしか公開されていません。

今から、公開されるのかも・・・

皆さんこちらは保存版ですよ!

こういったサイトはいつ非公開になるかもしれません。

ぜひぜひ、早めにダウンロードされること、
おススメします。

フォルマシオン・ミュジカルについて学んだこと、
もちろんレッスンで実践しています。

学びながら、学びながら、指導を続けたいと思っています。

横浜に来て出会ったフォルマシオン ・ミュジカル

クリスマスですね。横浜に来て7回目のクリスマスです。

横浜に来てもうすぐ7年、願えば叶うもんだな・・と感じています。

私は横浜にやってきて、やりたいと思っていたことがあります。

私が横浜に来て学びたかったことは4つ!

❶玉川大学通信教育学部で教育のICT活用と発達について学ぶ

まず、一番やりたかったのは女子大生になること。50歳すぎて女子大生なんて詐欺だと友人には言われましたが、40年前の大学生活より何倍も充実していました。

自分が学ぶ目的を考えていなかったからですね。教育について真剣に学ぶことができて、本当によかったです。

目的だった発達心理やICTの授業はもちろんですが、音楽の授業も、本当に素晴らしいものでした。

そして、そこで出会った若い先生の卵達との出会いも私にとってかけがいのないものでした。

❷ピアノランドマスターコース

私は、30年くらい前から、ピアノランドメソッドについて学んでいます。

広島では勉強会に3クール参加しましたが、横浜に来たら、ピアノランドの作者本人、樹原涼子氏から学びたいと思っていました。

その念願かない、マスターコース卒業!

❸ダルクローズのリトミックを学ぶ

広島時代からリトミック研究センターに通い、リトミック の勉強を続けていましたが、学ぶほどに、ダルクローズのリトミックを学びたいと思うようになりました。

横浜の住居は偶然にも、講師全員がダルクローズリトミックの国際免許を取得しているというリズムの森のそば!!

一生通うつもりで頑張っています。

❹ジャジーランドで学ぶ

モダンジャズピアノレッスンというテキストをご存知でしょうか。

ジャズを学ぶには、これ以上の方法はないというテキストだと私は思っています。

今まで海外からジャズのテキストを何冊、いえ何十冊も取り寄せましたが、「モダンジャズピアノレッスン」のおかげでそれらが結びつきました。

横浜に来て、中島先生主催のジャジーランド会員になって直接先生に教えてもらうということが叶いました。

1年間だけでしたが、本当にあと1年遅ければ、この望みは叶わなかったでしょう。

実は、広島にいる時、モダンジャズピアノレッスンの著者である中島久恵先生にメールをしたことがあるくらいのファンだったのですが、実際に出会っても本当に素敵な人で、今でも、日本人が学ぶには一番良いテキストだと思っています。

実は、近々、中島先生のテキストが出されるということで、心待ちにはしているのですが・・・・

ジャズもまだまだ勉強中です。

+α のフォルマシオン ・ミュジカル

横浜に来た目的の4つ以外で出会ったのが「フォルマシオン・ミュジカル」です。

私が、音楽を知るために必要なことの全てが入っているものです。

私は、リトミックを知りたいためにリズムの森に行き、そこで出会ったのが、フォルマシオン ・ミュジカルを勉強されている髙田美佐子先生だったのです。

偶然というのか、縁ですよね。

フォルマシオン ・ミュジカルについては、またお話しする機会もあるかと思いますが、今は、私が講師活動をする上ではもちろんですが、私が音楽を楽しむ上でもなくてはならないものになっています。

考えてみたら、私が横浜に来て、望みは全て叶いました。

音楽の仕事を続けるそして、上の4つのことが私の願いでした。

でもその全てが叶い、その上フォルマシオン ・ミュジカルにも出会えたのです。

広島を出る時、新しいところでの音楽活動は難しいと多くの人がいいました。

でも、1歩踏み出したことで、のぞみが叶っただけでなく、フォルマシオン ・ミュジカルにも出会えたのです。

だから、私は迷ったら「やる!」

いろんなことがあっても、迷ったら「やる!」

私は、それをオススメしたいです。

学んだことをレッスンに取り入れる!

私は「学んだことをすぐにレッスンに取り入れる!」ということをモットーとしています。

自分自身がしっかり身につけるためにも「教える!」という事は大切ですし、何よりも教えるために学び始めたことばかりなのです。

もちろん、学ぶことは自分自身の大きな楽しみです。

音楽について知ること、音楽について生徒さんにレッスンをすることは私にとってこの上ない喜びです。

教えることが大好きなのです。

新しい生徒さんとの出会いを楽しみにしています。

ピアノをやり直したい方、独学にちょっとだけ不安がある方、コードでかっこいいバッキングができるようになりたい方、オンラインでレッスンできます!

ぜひ、お問い合わせください!

「レッスンを受けるまでではないけど・・」という方、岡太淳子のレッスンの考え方や練習方法などの情報を載せたメルマガを配信しています。ぜひご登録ください。