「やり直し」タグアーカイブ

感覚を鍛える

私は田代ユリになれるか?

本日田代先生の「日々思う」を更新しました。

今回の先生のエッセイは、上から25番目あたりに2つ入れています。

今回のエッセイには、先生でも?!

といった事が書かれているのです。

そう、田代先生は誰もが知っているすごい先生なのですが、本当にかわいい(失礼なのですが)部分をいっぱい持っています。

以前の記事で、先生はツンデレというお話をしましたが、少女のようなかわいらしさがあるのも先生の魅力です。→以前の記事はこちら

私が、毎週、先生のエッセイを更新し、このブログを書いているのも、その魅力の虜になっているためです。

凄い先生なのに、ドキッとするようなかわいさもあり・・・

素敵すぎるのです。

でも、私が田代先生になりたいか、と言えばそう思っているわけではありません。

もちろん、田代先生のようになれるはずもないのですが、

私は、誰かのようになりたいと思った事は一度もないです。

自分は自分でしかなく、自分にしかできないことを頑張って行くしかないと思っています。

ただ、田代先生が講座の中で触れたこと、普段の生活で発したこと、それについて考えたり、実行したりするという事は、やっています。

自分の感覚を鍛えるためです。

自分を変えるのではなく、自分の考え方を広げるためです。

技術的な面でいえば、「ああ、これ、前にも先生にいわれたんだった・・・・」と思いながら、日々頑張っています。

何をやるにも人よりものすごく時間のかかってしまう私なのですが、続けていてできるようになっていることもたくさんあります。

ふと気づくと「あ、私できてるじゃん!!」って思う事が色々あるのです。

持って生まれた才能というのはもちろんあるけれど、やればできる事だってたくさんあるのです。

田代先生のエクササイズ楽譜

田代先生のエクササイズは、とにかくテクニックを身につけるためのトレーニング楽譜です。

頑張って続けてみようと思っています。

10年後の自分を楽しみに!!!

エクササイズ楽譜は以下の通りです。

YURI Pop piano Training 1 for beginners ~コードって?~

1-1~2 さあピアノはじめよう・音符の並び(スケールと指順)/運指の基礎 
   こちらは初回限定セット販売です。
1-3 音の長さ、休符の大切さ
1-4 ワルツに学ぶ手の動き/左右別の動きとharmony
1-5 コードネームと音
1-6 黒鍵に慣れる
1-7 コード進行へのアプローチ
1-8 2声のメロディ 3声のメロディ
1-9 タイミング
1-10 コードワークまとめ

YURI Pop piano Training 2 ~ポップなサウンドとは?~

2-1 ポップなサウンドとは?
2-2 音程を覚えよう
2-3 和音にトライ
2-4 コードの覚え方
2-5 コードの積み方と響きの違い
2-6 シンコペーション 様々なリズムを学びましょう
2-7 基本の伴奏型をマスターしましょう
2-8 楽しく弾いてみましょう、伴奏型のリズムに注目、転調の練習
2-9 重要な左手の動き
2-10 左手の練習

本日(2021年1月23日)更新した「日々思う」はこちらから→田代ユリの日々思う

今回の更新分はトップにあります。

趣味だけど本気でピアノ

JUN音楽教室では、「自分には無理かな?」「才能ないし」と思っている方、でもピアノを諦められない、そんな方に「やればできる練習方法」をお伝えするレッスンをしています。

趣味だけど、本気でピアノを弾きたい方、ピアノをやり直したいそう思っている方のためのオンラインレッスンです。

趣味だけど本気でピアノを弾きたい方へ

レッスンを受けるまでではないという方、コードのこと、ピアノの練習方法などのメルマガ「趣味だけど本気でピアノ 誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを配信しています。

ぜひ、ご登録ください。

お知らせ

田代ユリのオンライン講座が申し込み受付中!

現在アットエリーゼで公開されている「YURI Pop piano Training」を使ったピアノの先生向けの講座をオンラインで開催予定です。

現在お待ちの方がいらっしゃり、あと2名集まれば開催できます。

田代ユリ先生から、直接学べるチャンスです!!

いつでもピアノ/増刷!!

田代先生のオリジナル曲集、「いつでもピアノ」が増刷になりました!かなりお得なお値段での販売です。すでにお申し込みいただいています。欲しい方は早めにお問い合わせください。

JUN音楽教室では、田代先生から学んだコードノウハウをレッスンに取り入れています。オンラインレッスンも可能ですので、ご希望の方はこちらもお問い合わせください。

オンラインレッスンのデメリット

アンサンブルはできないけれど・・・

オンラインレッスンでできないこと

私はピアノソロより、圧倒的にアンサンブルが好きです。

初めての習い事の経験が「ピアノ教室」ではなく「音楽教室」で、アンサンブルを教えてくれる教室だったからかもしれません。

初めての音楽教室での先生の影響も大きいのかもしれませんが・・

普段のレッスンでも生徒さんとアンサンブルをしながら「伝える」ということを心掛けています。

私は、10年前からオンラインなどを利用したリモートレッスンをやっているのですが、この「アンサンブルで伝える」という事は、残念ながらリモートレッスンではできません。

生徒さんの演奏にリアルタイムで反応して私が音を出すことができないからです。

ピアノレッスンを受ける時に注意したいこと

オンラインではないピアノレッスンではアンサンブル!

そのため、実際に同じ空間にいるレッスンでは、このアンサンブルで伝えるというレッスンが重要だと考えています。

オンラインでもできること、オンラインの方が得意なレッスンだけをしていたのでは、リアルなオフラインのレッスンの価値が下がると思うのです。

リアルなレッスンなのに、生徒さんの演奏を腕組みしながら聞いて、

あら!
ここが間違っているじゃない!
次回までに直してきてね!

なんてレッスンをしていては意味がないのです。

生徒さんの演奏を細かく見て、それに対しての弾き方の指導をするといった事は、実は何度も見ることのできる動画レッスンの方が良かったりもします。

生徒さんは、自分の練習が間違っているかどうかわからなくなった時、動画レッスンなら繰り返し、視聴できるのです。

ただ、一緒にその空間でできること、音楽を共有することはオンラインや動画レッスンではできません。

ですから、生でレッスンを受けるのであれば、ぜひ、音楽を共有するレッスンを受けるようにしてください。

音楽をやる上で、アンサンブルをする音楽を誰かと共有することは本当に楽しいことです。

私はピアノ講師であり、教えるのが職業であり、演奏家ではありませんが、ずっと「ライブ」をやって行きたいと思っています。

練習はオンラインや独学だったとしても、ぜひアンサンブルの機会を持ってくださいね。

さて、オンラインではどんなレッスンができるのでしょうか?

詳しくはこちらをご覧ください。

趣味だけど本気でピアノを弾きたい方へ

ピアノをやり直したいけど、レッスンを受けるまでではないという方、コードのこと、ピアノの練習方法などのメルマガ「趣味だけど本気でピアノ 誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを配信しています。

ぜひ、ご登録ください。

ピアノレッスンあるある

メルマガでピアノレッスンあるあるをご紹介

ピアノをやり直したい方のために・・

本日は、メルマガ配信の日でした。

このメルマガは、趣味でピアノを続けたい方、ピアノをやり直したい方のためにと始めたメルマガです。

趣味だけど本気の方にピアノを教えるということは、何回かこのブログでもお話ししてきましたが、私がピアノ講師をしている理由にもなっているものです。

私も、20年間ずっと趣味でピアノを続けていた時期があります。

その時に、レッスンの中で「どうして?」と思う事がたくさんありました。

そして、「そのどうして?」は実は私だけではなく、多くの方が思っている疑問でもありました。

そこで、このメルマガの中ではその疑問を解決すべく、「ピアノレッスンあるある」を時々載せることにしています。

ピアノをやり直したいけど、一歩が踏み出せない方、

「ピアノレッスンって、結局○○でしょ!?」と思っていらっしゃる方、

もしかしたら、私が以前持っていた悩みと同じものかもしれません。

同じ仲間を知ることができるかもしれないメルマガ、読んでみてください。

メルマガタイトルは「趣味だけど本気でピアノ」

誰も教えてくれなかった「コードの話」「リズムの話」そして「音楽の話」

何をお話しするのかというと、私が趣味でピアノを習っていたかった時教えてほしいけど、教えてもらえなかったこと、「コードの話」「リズムの話」そして「音楽の話」です。

気になるって方は、ぜひ一度ご登録ください。
嫌ならいつでもやめられるし、また入りたいと思えば登録してもらえるシステムです。

実際のレッスンのご紹介はこちら→大人のためのオンラインピアノレッスン

コードでピアノ弾くための練習方法はこちら→コードでピアノをカッコよく!

明けましておめでとうございます

2021年 あけましておめでとうございます

あけまして おめでとう ございます。

年明けから、大変なニュースばかりが流れていますが、今自分にできることを頑張るしかないですね。

音楽の力を信じて・・

オリジナル

さて、私がiPadでイラストを描き始めて1年半になりましたが、今年は年賀状のために牛のイラストに挑戦しました。

左右の牛、ほんの少しずつ変えているのですが、1つめに書いたものをコピーペーストして直しているだけなので簡単にできます。

2つ別々に描く場合、そうは行きませんよね。

全く同じものを手描きでコピーは不可能です。

演奏も同じことです。

全く同じ演奏は2度とできないのです。

1回、1回の演奏を大切にしなければと思います。

もちろん、思いはあるけれどうまく行かないという方も多いでしょう。

ただ、自分に合った正しい練習をすれば、必ず前に進めます。

JUN音楽教室の大人のためのオンラインピアノレッスンでは、生徒さん一人ひとりに合った練習方法をご提案させて頂いています。

無料カウンセリングも実施していますので、練習でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

メルマガも配信中です!

「趣味だけど本気でピアノ 誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを配信しています。

相談するまでではないとおっしゃる方も是非ご登録ください。

楽譜が読めなくても弾ける!

1つ1つ音を読まなくても音楽は読める!!

ト音記号は読めるけどヘ音記号は・・という人がパターン読みを知れば!?

ピアノをやり直す、ピアノを始めたいというとき、譜読みが苦手、楽譜が読めないということがネックになっている場合があります。

特にト音記号は読めるがヘ音記号が読めないという方が多いようです。

でも、パターンで読むこと、模様読みを覚えれば、ト音記号でわかることは、ヘ音記号でもハ音記号でもわかるのです!

パターン読み、模様読みはこのような音符のかたまりをとらえるやり方です。

文字の一つずつ「あ」や「い」ではなく、「愛」という単語、そして文章を読めるようにする方法です。

JUN音楽教室は練習方法を教えるピアノ教室です。

レッスンは譜読みを教えるのがメインではない!

譜読みに限らず、自宅でトレーニングできることは、レッスンで練習の方法をお教えします。パターン読みは大人の方の場合、方法を覚えれば、自分でトレーニングできますよ!

レッスンで、じっくりやる内容もありますが、大人の方は経験が様々なので「できること」「できないこと」の差がある場合が多いです。

そのため、やり方を覚えれば自分でできることに関しては、レッスンでは「やり方」を教えるだけです。

ピアノの練習で困っていることはなんですか?

ピアノの練習するときに困っていることはなんですか?

体験レッスン(2000円)で、そのお困りごとを解決しませんか?

ピアノを始めるネックになっているものは?

ピアノを始めることのネックになっているのはなんですか?

教えていただけませんか?

JUN音楽教室が解決できるかもしれません。

無料カウンセリング受けてみませんか?

楽譜の読み方が知りたいだけの方はこちらをご覧ください

「楽譜の読み方」のブログ記事はこちら→

譜読みのちょっとしたヒントについて情報もあるメルマガを配信しています。

楽譜が読めない、ピアノをやり直したい方、ピアノ初心者だけど、独学だけど・・

そんなあなたの練習に何が足らないのか、楽譜を読むのが苦手な方がどうすれば簡単に弾けるのか30分の体験レッスンでお伝えします。

やり直しの方の場合、体験レッスンだけで、お悩みが解決される方もいらっしゃいます!!

「ええ?!そんなことで?」「そこ変えるだけで?」「今すぐ練習したい!」 と、体験レッスンを終えたみなさん、やる気がわいてくるようです。

「やればできる!!」「あとはやるだけ!」になって、弾きたい気持ちがあふれて止まらない方増殖中です!

音は何色?

私にとって音楽とは ピアノ講師とは

その音は何色?

昔、生徒に聞かれたことを思い出しました。

お休みはね。
とっても大事なの。

お休みっていうのは、弾いてる音と同じで、
ないわけじゃなくって、見えてない音なんだよ。
見えないけど、ちゃんとあるんだから大切にしようね。

それって何色?

え・・・・(汗
えと、えと・・
透明な音かな?

へえ・・
透明かあ・・♥

休符の色は透明!

慌てて口からでた透明という言葉でしたが、以来私のレッスンでは休符の色は「透明」という事になっています。

30年前の話です。

他の生徒たちもピアノを弾く時だけでなくリズム唄する時でも、みんな休符を大切にしてくれています。

「シャボン玉持つ感じかな?」とか・・・

休符は「ない」わけではないから、大切にしようという事はいつもレッスンで伝えていたことですが、「どんな色?」って考えてみたこともありませんでした。

その時の生徒には教えられることがとても多かったです。

ドミナントモーションはどんな気持ち

私がドミナントモーションのことを教えたとき、

センセ!
この気持ちって、
そういう名前だったんだ♥

コードに名前があったんだね。

コードネームを教えたときは、

この音にも名前があったんだ!

当時、その生徒は1年生くらいだったと思いますが、自分自身がもっともっと勉強しなければと感じました。

私はピアノ講師になった当初から子どもにも大人にもコードを必ず教えていましたが、単に名前だけでなく、響きやコード進行を教えることの大切さを実感したのでした。

私自身がロックについてやコードについてピアノの先生から教えてもらえなかったという経験から、クラシックの道に進みたいと思う生徒が困らないようにも勉強しています。そして、その生徒のレベルが上がってきたらお任せできる先生を探すことも必須です!

もちろん、この時の生徒だけではありません。
生徒からはいつも教えられます。

生徒たちは、大切な生徒であるとともに私の先生でもあるのです。

今なぜ大人の生徒なのか?

私は、今、オンラインで「大人のためのピアノレッスン」をやっています。
リアルでは子どもの生徒さんも教えていますが、オンラインは大人の方がメインです。
これは、私の長年の講師としての気持ちから出ているものです。

現在のピアノ教室は私がピアノ教室に通っていたころとは違って、ポピュラーも教えてくれるし、自分の好きなスタイルでピアノのレッスンを受けることができます。

でも、その多くは子ども向けのものではないでしょうか。
ピアノ講師になる前の私、頑張っても頑張っても自分の音楽に近づけない、
今の練習で本当に良いのか不安、そんな方へお伝えしたい。
今からやればできるってこと!

「大人のためのオンラインピアノレッスン」は、そんな思いを込め開講しているレッスンです。

ピアノをやり直したい方、ピアノ初心者だけど、独学だけど・・

そんなあなたの練習に何が足らないのか、何が間違っているのか、30分であなたをスッキリさせます。

体験レッスンだけで、お悩みが解決される方もいらっしゃいます!!

「ええ?!そんなことで?」「そこ変えるだけで?」「今すぐ練習したい!」 と、体験レッスンを終えたみなさん、やる気がわいてくるようです。

「やればできる!!」「あとはやるだけ!」になって、弾きたい気持ちがあふれて止まらない方増殖中です!

体験レッスンの流れ

①お申込みのメールアドレスに体験レッスン料の振込先メールが届きます。
②メールでカウンセリング(体験レッスンの内容と日程を相談)
③日程を決めZOOMで体験レッスン(約30分・2000円)
弾きたい曲の一部分などご希望の内容で、「大人のためのオンラインピアノレッスン」を体験していただきます。

★レッスン内容でお悩みの場合、ZOOMでの無料カウンセリング(30分)もご用意しております。

★ZOOMが使えないなど、お困りの方はご相談ください。ZOOM以外の方法もご提案します。

メルマガも配信中です!

趣味だけど本気でピアノ

そして、今「私は誰に一番教えたいのか?」と言うと、趣味だけど本気でピアノを弾きたいと思っている人です。

メルマガで何を発信するの?

誰も教えてくれなかった「コードの話」「リズムの話」そして「音楽の話」をお話しします。

特にどういう練習をすれば良いかという話をしたい思っています。

自宅での練習が便利になるように、スマホのアプリなども紹介しますね。

気になるって方は、ぜひ一度ご登録ください。
嫌ならいつでもやめられるし、また入りたいと思えば登録してもらえるシステムです。

ピアノを諦めたくないあなたへ

あきらめたらそこで試合終了ですよ

スラムダンクで安西先生が三井に言った、ものすごく有名なセリフです。ほんとうにそう。バスケは体力的なことがあるから、年齢的にあきらめるという事があるのかもしれないけれど、ピアノはどうでしょう。ピアニストにはなれないかもしれませんが、年齢であきらめる必要はないのではないでしょうか。

スラムダンクはコーチングのバイブルです。

私は、スラムダンクが大好きです。単に好きなだけでなく、音楽講師として、ピアノ講師として生徒を指導する時のバイブルと思っています。音楽は答えが決まっているものではありません。そして「正解」は自分自身しかわからないものなのです。生徒さん自身の音楽、生徒さん自身の「正解」を引き出すのが音楽講師である私の仕事だと思っています。

大人のピアノ初心者は無理なの?

大人の初心者はいまさら無理なのでしょうか。確かに何かを始めるのに大人の初心者は難しいのかもしれません。ただ、大人はそれ以外の経験があります。ピアノを弾いたことはなくても、指や腕を使っているので、出来ることも多いのです。また様々な経験もあるのです。それが音楽にプラスにならないはずはありません。あきらめないでください。

ピアノやり直ししたいけど・・

子どもの頃やっていたピアノをもう一度という方は多いです。そういう方こそコード弾きがおおススメです。ソナチネやツェルニーで苦しんでいた方が、コードを覚えて簡単に弾けるようになった方、たくさんいらっしゃいます。クラシックでもコードが使えるのです。あきらめないでください!

ピアノ独学でいきたいけど・・

そんな方も、ちょっとだけ半年だけ、3ヶ月だけでもレッスンを受けてみてください。身体の使い方、効率的な練習方法を覚えてもっと自由に弾けるようになるはずです。独学でマイナスの練習になるのはもったいないです。自由なピアノ、思い通りのピアノあきらめないでください。

ピアノをあきらめたくない方に

そんなピアノをあきらめたくないという方こそ、JUN音楽教室は応援します。試してみませんか?

レッスンを受けるほどではないけどという方のために、メルマガを配信しています。

ピアノの練習に役立つ情報を発信していますので、ぜひご登録ください。