コードとリズムで始めよう

コードとリズムをマスターして好きな曲をかっこよく弾きましょう。JUN音楽教室ではコードから始めたいピアノ初心者、バンド初心者のための練習方法をご紹介しています。理論を学ぶと演奏の助けになります。感性だけでの演奏は天才に任せ、理論を知って効果的に音楽を楽しむ方法を学びましょう。JUN音楽教室では理論のための理論ではなく、良い音楽から、あるいは好きな音楽から自然に理論を学んでいきます。

コードでピアノが弾けるには?

コードの覚え方・コードの弾き方

まずはコードを覚えましょう。コードを覚え方としては、基本形から覚えます。でもこれはざっと覚えれば良いです。というのも実際には基本形だけでコードを押さえるという事はほとんどないからです。では実際にどういう風に押さえているのか、使えるコードを覚えることが必要ですね。そんなコードの弾き方が知りたい方、まずは体験レッスンをご受講ください。(★体験レッスンはオンラインで約30分2000円です。)

  • スケール
  • 音程(音と音の距離)
  • コードの書き方
  • コードの構成音
  • コードの種類
  • ダイアトニックコード
  • コードの役割
  • コード進行
  • 代理和音
  • テンション
  • ジャズで使われるコードは何が違う

ベース音とメロディーで好きな曲を弾いてみよう

右手でメロディーがなんとか弾けるという初心者レベルでも、コードを覚えれば、簡単に右手メロディー+左手ベースで両手演奏ができます!(これまで出会った生徒さんのほとんどがここまでは1ヶ月で達成されています。)すぐにやってみたい方はオンラインでの体験レッスン(30分・2000円)をお申し込みください。

カッコよく弾くにはリズム

ピアノやキーボードの演奏の中で忘れられがちなリズム!でも、カッコ良いかどうかのポイントは「リズム」「ノリ」です。トレーニング方法を知って、初心者レベルを抜け出しましょう。

  • 打鍵のタイミング 一発たたく
  • 離鍵のタイミング 音の長さ
  • 休符を感じる
  • ビートを感じる
  • ドラムを知ろう
  • 8ビートの練習
  • 16ビートの練習
  • 様々なリズムをたたこう
  • 8ビートと16ビートの違い(同じリズムを違うビートでたたいてみよう)
  • シャッフル
  • 16ビートと16ビートシャッフル

こちらのページは順次更新していきますが、トレーニング方法が早く知りたいという方は、個別レッスンもお受けしています。