「音楽理論」カテゴリーアーカイブ

ABCDEFGを覚えよう!

ABCDEFGが表すもの!

普段使っているドレミファソラシドは実はイタリア語です。ドレミファソラシを英語で言うと、「CDEFGAB」となります。

Aはラ・Aはラド#ミ

つまりAという意味があるのですが、それと同じようにラド#ミという和音の名前でもあるのです。

AmとA、A7、Amaj7・・・初めにAならルートはA(ラ)

楽譜にAと書かれている場合はコード(ラド#ミ)を表しています。Amと書いてあるときは「ラドミ」を表しています。同じように「ラ」がついているのがわかりますか?初めにAがついているとAの音(ラ)がルート音(根音)となります。ルート音というのは、その和音を支えている音の事です。

ピアノを弾くという時、右手はメロディー左手はベース(単音)を弾くことになりますが、その時はこのルート音(根音)を弾きます。

コードの種類はまたゆっくり覚えるとして、
まずはABCDEFGはラシドレミファソを覚えましょう!

コードを全ていっぺんに覚えるのは大変なので、まずは好きな曲のダイアトニックコードから!ダイアトニックコードの説明とコード表(無料ダウンロード)はこちら

弾きたい曲のコードをどういう風に押さえれば良いのか、コードの押さえ方が知りたい方は、まずは体験レッスンを!

Cメジャースケール

Cメジャースケールはハ長調のダイアトニックスケールです。ダイアトニックスケールというのはその調で使える音を並べたものです。

メジャースケールは「全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音」となっています。

白い鍵盤をドから順番に見て行くとこの「全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音」になりますね。

他のスケールについても知りたい方はこちらへ

レッスンのお申し込みお問い合わせは・・

調号 フラッシュ! 

調号のゲームを単語帳メーカーでつくりました。カードも自作です。

調号カードの欲しい方はこちらへ→

調号を見て何調か判定しましょう!

平行調がわかりますか?長調→短調

JUN音楽教室では自作教材などを使って楽しく効率的なレッスンを実施しています。

調号を見て何調かわかりますか? 

動画をみるだけで、調号判定ができるようになります!!

シミラレソドファを覚えましょう!

調号を覚える早道は、フラットのつく順番「シミラレソドファ」シャープのつく順番「ファドソレラミシ」を覚えましょう。

何調かわかりますか?まずは♭系

♭系の調判定はシラソファ!4つ下がる。

シャープ系でもわかりますか?

シャープ系は最後にシャープのついた音の1つ上

JUN音楽教室では、レッスンでも理論の勉強もしていますが、動画でのサポートでリアルのタイムのレッスンでは、なるべく「弾く」時間が長くなるようにしています。

調号カードも無料ダウンロード可能です!

シャープ(#)・フラット(♭)のつく順番

シャープ・フラットのつく順番のつく順番を覚えましょう

調号で、シャープ・フラットのつく順番は決まっています。フラットが1つなら「シ」です。フラットが1つしかついていないのにミだけについているという事はありません。まずは、「ファドソレラミシ」「シミラレソドファ」を呪文のように唱えましょう。

シャープがつく順番は
ファドソレラミシ

フラットがつく順番は
シミラレソドファ

JUN音楽教室では保育士試験のためのオンラインレッスンも実施しています。(音楽理論・ピアノレッスン)

保育士試験実技対策詳細

音程その①

コードを学ぶにも音程は必須!

音程を勉強するのは、楽譜を見て何度か解るためではありません。音程の感じられる演奏をするためです。音程を感じるためには、身体でまずは音楽を感じることです。そのために、私はフォルマシオン・ミュジカルやリトミックを学んでいます。

理論は動画で、音楽は身体で学びましょう!