「ICT活用」カテゴリーアーカイブ

Webページをpdf で保存する

iPadでWebページを保存しましょう

Webで気になるページを見つけた時、どうやって保存されますか?ブックマーク、ホーム画面に追加、色々な方法がありますが、レッスンで使える情報やじっくり読んだり書き込みを入れたりする場合、私はPDFとして保存します。

保存する意味 ノートをとる意味

何かを保存する場合、大切に宝物のようにしまっておくためでしょうか。

もちろん、そういうものもあるとは思いますが、私たちが日々保存しているのは、それを使うためです。

セミナーに通ってノートを綺麗にとっても、それを使って活かすことができないのでは何もならないのです。

PDFにしておけばその後使いやすいですよ!

Webページを保存する方法を動画で!(iPad)

WebページをPDF で保存する方法を動画にしました。参考になさってください。

PDFにしたらnote アプリに入れて活用

私はこんなアプリを使ってレッスンに活用しています。

手書き入力できるnote、フォルダ分けも簡単で、写真をページにできるのが便利!


マルチノート機能で2つのノートを並べて操作可能です。WEBページをPDFで保存で切るところがお気に入り。

それならば、ペンや色鉛筆など筆記用具が色々あり、録音しながらのメモも可能。録音はMP3で保存できるのも便利。テンプレートには五線も用意されています。

ピンチイン・ピンチアウトで、自由自在な拡大・縮小でき、しかも書き込んだ文字や図は、劣化しません。また描いた絵や文字を「アイテム」として登録できるのが便利!私は「手の形」や鍵盤をアイテム登録しています。

ピアノの先生のためにアプリの使い方の指導を行っています

私が使っているiPadアプリをご紹介しています。使い方の解説動画を作成しています。使い方の講座等も行っております。

keynoteで画像一括貼りつけ!

Keynoteで写真をまとめて貼り付ける/iPadの便利な使い方

ピアノのレッスンをしていると、自作のカードや写真を教材として使いたいという事がよくありますよね。PowerPointやMac版Keynoteでももちろんできるのですが、今回は、iPadの中で複数の写真を一気にカード教材にする方法についてお話しさせて頂きます。

どうしてパソコンでしないか、それは私が教材作りをよく電車でやるという事もありますが、カード類をスキャン、自作カードを作るをiPadでやっているからです。

iPadのアプリ同士でやれば、いちいちデータをパソコンに送らなくても良いので、速いです!!

Keynoteを開いたらマルチタスクで写真アプリを開きます。

  1. Keynote を開きます。
  2. 画面の下部から上にスワイプして、ホーム画面の下のDockを開きます。
  3. Dock で写真アプリを長押しして、Dock の外側にドラッグし、そのまま画面の左右どちらかまで持ってきて離します。
  4. keynoteと写真、2つのアプリが開いている状態となります。

写真アプリの右上「選択」をタップ

  1. 写真アプリ右上の選択をタップして、貼りつける写真を選ぶ
  2. 選んだ写真のどれかを長押しして、Keynoteへ

スライドナビゲーターにDrag&Drop

  1. 写真アプリからそのままKeynoteのスライドナビゲータ―にドラッグ&Drop

写真一括貼りつけ完了!

これは便利です!!

私はたいてい、こういった作業を電車の中でやっています。パソコンは持ち歩きたくないので、iPadでできるととても便利です。

同じことが、一般的なプレゼンテーションアプリのPowerPoint(パソコン)でも、MacのKeynoteでもできますよ。

JUN音楽教室では、ピアノの先生のためのICT活用のレッスンを行っています。

単語帳メーカーでフラッシュカードを作成

アプリをピアノレッスンで!

これを使えば、色々なフラッシュカードができます!!音も画像も入れられるのでとっても便利ですよ。JUN音楽教室ではレッスンにICTを活用したいピアノの先生のサポートも行っています。

私が単語帳メーカーで作っているもの

  • 譜読み(フラッシュカード )
  • 聴音(単音)
  • 聴音(コード)
  • 音程(譜読み)
  • 調性(調号)判定
  • 楽語
  • コードネーム

単語帳メーカー 
https://itunes.apple.com/jp/app/id1124195119?mt=8