jun-music のすべての投稿

コードでピアノを弾こう!

コードでピアノを弾くには

ピアノのコード弾きについて悩んでいる方が多いようです。

ピアノのコードが書かれているコード表は、本としても売られているし、
JUN音楽教室でも、コード表を無料でダウンロードできます。

でも、ピアノの場合コード表を見ただけでは、カッコよく弾くとか、お洒落に弾くといったことはできないのです。

和声

まず、お洒落な音にするには、積み方というものがあります。

クラシックの曲というのは、大作曲家が積み方一つひとつまで考えて楽譜を書いているのですが、ポピュラーはそれを自分で考えなければならないのです。

そのため、クラシックをメインに勉強されている方の中には、コードと和声は違うという方もいますが、それは大きな勘違いです。

コードで弾くいうことは和声のことまで考えて弾くことです。

コードの役割(何度なのか、ベースは何なのか等々)までしっかり考えて弾くことが本当の意味でのコードで弾くという事なのです。

コードではなく、「コードネーム」のことをコードと間違ってとらえている人がいるため、コードは和声ではないなんて言われてしますのです。

Cはドミソですが、ドミソではないのです。

ポピュラーピアノを弾きたい方はどうか、コードネームで弾くのではなく、コードで弾いてほしいと思います。

もっともっと楽しくなるはずです。

リズム

コードでピアノを弾くためにもう一つ大切なのがリズムです。

ボサノバとハードロックは何が違うのか?

ファンクって?

まずは、聴いて感じるところから始めましょう。

ポピュラーピアノのレッスン

さて、JUN音楽教室では、「趣味だけど本気」の方を中心にコードを活用した「やればできる練習方法」をお伝えするレッスンをしています。

レッスンに受けてすぐに弾けるようになるわけではありませんが、

どんな練習をすればできるようになるかを理解し、

練習方法を身につけて頂きます。

練習に使える時間は誰もが同じではありません。

大人で趣味でピアノをやりたいという方なら特に、30分の練習をでも毎日続けることは難しいでしょう。

そんななか、どんな練習をすれば良い知って、少しでも前に進んでほしいのです。

まずは、練習方法を知ってください。

オンライン体験レッスン(30分・2000円)実施中です。

趣味だけど本気でピアノを弾きたい方へ

レッスンを受けるまでではないという方、コードのこと、ピアノの練習方法などのメルマガ「趣味だけど本気でピアノ 誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを配信しています。

→メルマガ登録はこちら

ぴったりの練習方法が知りたい方はこちら→「無料タイプ別練習方法診断」

保育士試験実技直前対策

音楽と言語 こんなことに注意!

2021年の実技試験まであと2週間ですね。

これまで、何回か実技対策についてお話してきましたが、
今回は直前対策についてお話しさせて頂きます。

今回は、通常通り実施されるようですが、
「全国保育士養成協議会」のホームページは必ずチェックしておきましょう。

音楽

これからは、毎日1回本番のつもりで弾き歌いの練習をしましょう。

試験では子ども達(実際には審査員の先生しかいませんが)に背を向けて弾くことになります。

★大抵の試験会場ではアップライトピアノですから、ピアノに向かって座れば壁に向かって座ることになるのです。

背中からも楽しさが伝わる、声から楽しさが伝わるように練習しておきましょう。

私の生徒さんには、スマホで自分の演奏の動画も撮ることをおススメしています。

動画を撮ると誰に見せるわけでもないのにやはり緊張しますよね。

それが良いのです。

緊張するとピアノは弾けても声が出ないという事も起こりがちですので、緊張する練習をしておいた方が良いですよ。

また、いったん、動画を撮り始めたら、絶対にやり直さないというのもポイントです。

ピアノを間違ってしまっても、歌だけでもきちんと最後まで通す気持ちが大切です。

前にもお話ししましたが、私は音楽より言語の方が点数が良かったのです。

これは、自分が保育士資格をとる前もとった後も生徒さんに伝えていることですが、ピアノがバリバリ弾けることは重要ではありません。

それがわかっていたので、歌が!!!ということで緊張してしまったのです。

ぜひ、歌の練習を頑張ってください。

喉を痛めては何もなりませんので、一度に練習するのではなく、毎日負担のないように練習しましょう。

「あひるの行列」と「揺り籠のうた」の弾き方に関しては、
下のページで詳しく説明していますのでご覧ください。

今のピアノ演奏で良いのか心配!

という方は、個別動画レッスン(2曲2000円)も可能です。→詳しくはこちら

30分のZoom体験レッスン(2000円)で2曲の指導を受けることも可能です。
こちらは予約の枠が少なくなっています。
ご希望の方はお急ぎください。→お申し込みはこちら

保育士試験実技(音楽)の対策の特別コースもあります。

今年度は、「解説動画レッスン」を無料公開しましたので、
動画レッスン2回+Lineサポートが3000円で受講可能です
(2021個別年度内有効の個別動画レッスン2回付)→詳しくはこちら

Zoomでのオンラインレッスン(3000円/30分)も可能です。→詳しくはこちら

言語

保育士試験実技言語 台本は覚えるの?

台本は、私は覚えませんでした。

これは、人それぞれだとは思うのですが、

私の場合、普段から人前でも自由に話すのは得意ですが、決まったセリフを覚えて喋るということが苦手だからです。

そこで、私は、流れを覚えました。お話は本当によく知っている「三匹のこぶた」を選んだので、内容を忘れる心配はなかったので、流れを覚えるように意識して、練習していました。

台本なし?

台本はもちろん作りましたよ。時間制限があるので、時間設定のために作り、そのあとは、流れを意識して、台本を見ないでお話しといった練習方法にしました。

もちろん、きちんと覚える方が得意という方もいるでしょう。その場合はやはり、きちんと覚えた方が良いですよね。

ただし、上辺だけでなく、中身まで全て覚えることが重要です。

これはピアノの曲を暗譜する場合にも似ているのですが、音とリズムを覚えただけでは、ステージで、忘れてしまった時取り戻せないのです。

中身もしっかり覚えて、自分の言葉になって発することができるようにすることが大切です。

目の間にはいつも子ども

私が本番で注意したのは、いつも目の前に子どもがいると思うこと!
練習の時も常に、ぬいぐるみを目の前に並べるなどして練習しました。

私は、普段リトミックを指導する、あるいは公民館でやっていた子育て支援の中で、子ども達を前にした「お話」は何度も経験していました。

ただ、練習の時から子ども達が目の前にいないというのはやりにくいなと感じていました。

そのため、普段子どもの前でお話をされている方も、ぜひぬいぐるみや並べた椅子の前で練習しておくことをお勧めします。

ジェスチャーは?

そして、子ども達からの反応が分からないので、どの程度の手振り身振りをつけるのか、声の出し方は・・といったことも悩みますね。

私も「3びきのこぶた」のなかで、オオカミをどこまで演じて良いのかなども悩みました。

結局、動画を何度も撮り、やり過ぎてないかなどは確認はしたものの、素話という事で、「お話だけで伝えるにはやはりある程度はやらなければ!」と思い、結構演じました(笑)

声の大きさとともに、スピード感も意識して練習しました。

オオカミが、ワラの家を吹き飛ばし、木の家も吹き飛ばし、ついにレンガの家を吹き飛ばそうとしている場面で、ドキドキ感を増すために、話すスピードはすごく重要です。

保育士試験の課題ではスピード感が重要なもの、多いですよね。

繰り返しの部分やクライマックス、話すスピードも注意が必要です。お話のテンポは場面ごとに意識しましょう。

立つの?座るの?

これも、悩む方が多いようですが、私は座ってやりました。

立って、子どもの目線でお話しすることが難しいと感じたからです。
立ってそれができる方はもちろん問題ないでしょう。

私の場合は、本番で椅子に座っていたことで、子ども(椅子)に目を配ることができました。

また、初めにタイトルを言う場面でも、タイトルの「三匹のこぶた」も子ども達の顔(実際にはいない)をみながら言うこともできましたし、全員に向かって話をするということも常に意識してある程度上手くいったと思います。

減点は?

私が自分なりに反省したところ、考えられる減点は途中、一瞬止まったところがあるのと、最後の場面・・終わり方です。

よく時間内に話し終わらなければ・・と心配される方がいますが、話の内容がわからないくらいしか進んでいないようでは困りますが、そうでなければ、最後時間切れになっても、さほど問題ではありません。

私も、練習ではギリギリか、少しすぎるくらいの形でやっていました。

でも、このことが準備不足につながってしまいました。

つまり、時間が余った時の準備をしていなかったのです。


本番では、「おしまい」とゆっくり言った後、
まだベルが鳴らない・・

と言う状況になってしまったのです。

準備不足が露呈してしまいました。

いろんな設定での準備が必要ですね。

時間があまって、子ども達(架空の)をニコニコ見回すだけになってしまいました。

もし、実際に子どもがいたら、絶対話しかけてるなあ・・・

子どもいなくても、いる設定ですから、時間余ったら、

「オオカミ逃げて行って良かったね」とか、
言った方が良いですよね。

目の前に子どもがいない・・難しいです。
子ども達のこと、忘れないでくださいね。

コロナ対策でマスク着用!

今回は、マスク姿でお話ししないといけないのですよね?

今回の保育士試験では、本人確認時以外、受験中もマスク着用とのことです。
表情が見えにくいから、伝えるのも難しいかと思いますが、頑張ってくださいね。

試験に合格しても、それで終わりではありませんよね。 
実際に保育士として働くようになってからが大変です。

実際に保育の現場でも、マスクが見えないことで苦労されている保育士さん多いようです。

簡単にピアノ伴奏ができるように、コードを覚えましょう。
コードを使ったピアノ伴奏を覚えたい方は、ぜひJUN音楽教室の「大人のためのオンラインピアノレッスン」をご受講ください。

コードを使って簡単に弾く方法をお伝えしています。

オンラインで受講できるので、忙しい方にぴったりです。

まずは、体験レッスンから!

ICT活用セミナーのご案内

「ピアノの先生のためのICT活用セミナー」を実施することになりました。

ICT活用セミナーのご案内

このセミナーは、毎月、第4火曜日に実施するオンラインのセミナーですが、

1回目の6月22日(火)はiPad楽譜作成アプリ「Notion」の使い方です。

 日時:2021年6月22日(火)10時~12時

受講料:2000円/1回

Zoomでのオンラインセミナーで、
動画受講(セミナー後にYouTubeで限定公開)も可能です。

★現在10月まで内容が決まっています。お申し込みはこちらへ

6月22日(火) iPad楽譜作成アプリ「Notion」の使い方

7月27日(火) Keynote・PowerPointの使い方

8月24日(火) iPad,ノートアプリの使い方

9月28日(火) Imovieの使い方

10月26日(火)ガレッジバンド・irealの活用法

★毎回テーマが異なりますので、単発の受講も可能です。

→詳しくはこちらへ

→お申し込みはこちら

ポピュラーピアノレッスン

【サウンド編】【リズム編】は同時に使う!

この前、「田代ユリのポピュラーピアノレッスン」の「サウンド編」「リズム編」の2冊をご紹介しましたが、

「これはどういう順番に使うの?」というお問い合わせがありました。

ピアノの先生にも役立つ楽譜!

田代先生によれば、「サウンド編」「リズム編」この2冊は一度に使うと良いそうです。

→「田代ユリのポピュラーピアノ・レッスン」ご購入はこちら

コードを教えられるようになる オンラインピアノ講座

さて、先月から始まった田代先生のコード講座では、この楽譜の使い方についても教えて頂けます。

まだ、始まったばかりなので、今からでも参加可能ですよ!

是非是非、このチャンスに御受講ください。


日時:月1回(第2火曜日)10:00~11:00
講座料:6000円(税込み)

(連続講座・1年間)希望により延長あり

この講座はピアノの先生向けのグループオンライン講座で、ZOOMのホストは岡太淳子が務めます。

詳細はお問い合わせください。→お問い合わせはこちら

Zoomの録画配信(編集なし)が期間限定(次の講座まで)で視聴可能ですので、
欠席されても安心です。

田代先生のホームページ「日々思う」の更新は残念ながら今回はなしです。

趣味だけど本気でピアノ

ポピュラーピアノのレッスン

さて、JUN音楽教室では、「趣味だけど本気」の方を中心にコードを活用した「やればできる練習方法」をお伝えするレッスンをしています。

その中でも、「リズム」や「ノリ」ということをとても大切にしています。

ボサノバとハードロックは何が違うのか?

ファンクって?

まずは、「わかる」ことから始めます。

ポピュラーピアノを独学で勉強中の方で多いのは、「楽譜通り弾いているのになんか違う!」という方です。

特にクラシックを学んできて、とりあえず楽譜通り弾けるんだけど・・・

という方が多いのです。

ヒントは楽譜にではなく
音楽の中にあります!

楽譜を読めなくて、耳コピだけで練習している方は、わかるけど練習方法がわからないという事が多いようです。

どちらの場合もポイントはリズム!

ドラムとベースを
歌ってみよう!

なんなら、リズムに合わせて体を動かしてみる!

なんだか楽しくなってきたのでは?

ドラムを歌うってことがわからない方は、体験レッスンを!

趣味だけど本気でピアノを弾きたい方へ

レッスンを受けるまでではないという方、コードのこと、ピアノの練習方法などのメルマガ「趣味だけど本気でピアノ 誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを配信しています。

→メルマガ登録はこちら

ぴったりの練習方法が知りたい方はこちら→「無料タイプ別練習方法診断」

田代ユリからのお知らせ

いつでもピアノ/増刷!!

田代先生のオリジナル曲集、「いつでもピアノ」が増刷になりました!かなりお得なお値段での販売ですでに多くの方からお申し込みいただいています。欲しい方は早めにお問い合わせください。

JUN音楽教室では、田代先生から学んだコードノウハウをレッスンに取り入れています。オンラインレッスンも可能ですので、ご希望の方はこちらもお問い合わせください。

田代ユリのポピュラーピアノレッスン

ポピュラーピアノ・レッスン【リズム編】発売開始!

先月の「サウンド編」に続き、5月15日に「リズム編」が発売開始になりました。

もちろん、買いましたよ!

ピアノの先生にも役立つ楽譜!

田代先生によれば、「サウンド編」「リズム編」この2冊は一度に使うと良いそうです。

→「田代ユリのポピュラーピアノ・レッスン」ご購入はこちら

私は楽天ブックスで購入しました。→購入サイト

「カワイ出版ONLINE」では、立ち読みできますよ→こちら

コードを教えられるようになる オンラインピアノ講座

さて、先月から始まった田代先生のコード講座では、この楽譜の使い方についても教えて頂けます。

まだ、始まったばかりなので、今からでも参加可能ですよ!

是非是非、このチャンスに御受講ください。


日時:月1回(第2火曜日)10:00~11:00
講座料:6000円(税込み)

(連続講座・1年間)希望により延長あり

この講座はピアノの先生向けのグループオンライン講座で、ZOOMのホストは岡太淳子が務めます。

詳細はお問い合わせください。→お問い合わせはこちら

Zoomの録画配信(編集なし)が期間限定(次の講座まで)で視聴可能ですので、
欠席されても安心です。

本日、田代ユリのエッセイ「日々思う」を更新しました。

本日(2021年5月22日)更新した「日々思う」はこちらから→田代ユリの日々思う

趣味だけど本気でピアノ

JUN音楽教室では、「自分には無理かな?」「才能ないし」と思っている方、でもピアノを諦められない、そんな方にコードを活用した「やればできる練習方法」をお伝えするレッスンをしています。

趣味だけど、本気でピアノを弾きたい方のためのオンラインレッスンです。

趣味だけど本気でピアノを弾きたい方へ

レッスンを受けるまでではないという方、コードのこと、ピアノの練習方法などのメルマガ「趣味だけど本気でピアノ 誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを配信しています。

→メルマガ登録はこちら

ぴったりの練習方法が知りたい方はこちら→「無料タイプ別練習方法診断」

お知らせ

いつでもピアノ/増刷!!

田代先生のオリジナル曲集、「いつでもピアノ」が増刷になりました!かなりお得なお値段での販売ですでに多くの方からお申し込みいただいています。欲しい方は早めにお問い合わせください。

JUN音楽教室では、田代先生から学んだコードノウハウをレッスンに取り入れています。オンラインレッスンも可能ですので、ご希望の方はこちらもお問い合わせください。

減三和音/増三和音の転回形

コードの聴き取りに関して悩むのが増三和音と減三和音です。

特に、転回形だと迷うという人が多いようです。

今回は、ちょっとした、聴き取る際のポイントをお話しします。

aug 増三和音の転回形

増三和音は基本形しかないよ!

オレンジの印を見てみましょう

Caug

Eaug

G#aug(Abaug)

Caugを転回させると、EaugやAbaugになります。

どこの音程をとっても長3度になるからです。

dim 減三和音の転回形

それに比べて減三和音はどうでしょう。

Cdim

基本形

第一転回形

第二転回形

ならしてみてもらうとわかるとおもうのですが、
減三和音では基本形は短三度の重なりだってわかるけれど、
転回形だとソ♭とドの増4度の音程が聞こえてくるのです。

私も聴音の課題の時、
減三和音の転回形は
よく間違ってしまうんです。

コード進行の中で聴きとるときは、間違うというより減三和音に聞こえないんですよね。

増4度が聞こえて、特に第二転回形の場合「7th」にしか聞こえません。

まあ、これはしかたないですかね・・

Dim7は転回形がない!

ジャズの場合、dimといえば、dim7だから問題ないです。

転回させると、
別のコードになるのがわかりますか?

緑の印がついたところを見てみましょう

Cdim7

Ebdim7

Gbdim7(F#dim7)

Adim7

augは長3度を重ねていったものでしたが、
dim7は短三度を重ねたものです。

様々なコードについてはこちら

→コードでピアノを弾く!全ノウハウを大公開!

→体験レッスンのお申し込み、お問い合わせはこちら

コード奏法やピアノの練習方法についての「趣味だけど本気でピアノ〜誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを出しています。

ピアノの先生のためのICT活用無料相談会

「あったらな」を自分で作るためのICT活用セミナー

iPadの活用方法やレッスンに活かせるPowerPointやkeynoteなどの使い方のセミナーを計画しています。

セミナーを実施するにあたって、皆さんのやりたいことをお伺いし、現在私がiPadでどんなことをしているかをご紹介する無料相談会を実施したいと思います。

ICT活用無料相談会

日時 : 2021年5月25日(火)10時〜12時(アーカイブ受講あり)

場所:オンライン(@zoom)

内容:iPad活用術(私が普段やっていることのご紹介)

   質問、ICT活用に関してのご相談

★終了後お送りするアンケートにお答え頂きます。
アーカイブ受講の方もアンケートをお願いします

お答えいただいたアンケートの中で、ご希望の多いもののセミナーを順に実施します。

ICT活用セミナー(無料相談会後開催)

  • 毎月1回2時間
  • 受講料2000円/1回
  • 動画受講あり(セミナー後にYouTubeで限定公開)

★毎回内容が異なりますので、ご自分の希望されるセミナーのみご参加ください。
(内容により複数回連続になる場合もあります。)

★Zoomセミナーに参加された方にも動画のリンクをお送りしますので、復習にご利用ください。

iPadの使い方を覚えながら、自分の作りたい教材を作成しませんか?

例えば、音符カードが欲しい。
購入すれば良いけど、思っているものがない・・・
そんな時にどうされますか?
誰かに頼んで作ってもらうのは高額になる、
そこで私は自分で作ることにしました。

皆さんにも「作る」ことをおススメしたいのですが、1から作るのは大変ですよね。

でも、安心してください!

参加者の方には私が作っているテンプレートを使ってカスタマイズして頂きます。

このセミナーはカスタマイズする中で、iPadの使い方を覚えて頂くセミナーです。

セミナー内容~例えばこんなセミナーです

Noteアプリで教材作成

  • 以下の動画のような教材の作り方、使い方を解説します。
  • 参加者には教材で使われているイラストテンプレートをプレゼント!
  • テンプレートを使って教材を作りながらiPadの使い方を覚えて行きます。

★iPad活用のプロになるためのセミナーではありません

私は、パソコンとかiPadとか触ることは大好きなのですが、
あくまでもこういったものは良いレッスンのための道具と考えています。
例えば、動画をYouTubeにアップしたりということもよくやっていますが、
動画のクオリティーを上げることに力を入れているわけではありません。
それに力を入れることは、私の本意ではないのです。

すうじのうた 遊び歌

イラスト付きの動画を公開しました。
音楽は伴奏のみで、歌は入っていません。
一緒に歌ってくださいね。

すうじのうた

1は?

2は?

3は?

4は?

5は?

6は?

7は?

8は?

9は?

10は?

→子どもの音楽遊びはこちら

手遊び歌のピアノレッスンも実施しています。

エイリアンズ・ピアノ弾き語り

今回は、コード使いがおしゃれなキリンジの「エイリアンズ」を
弾き語りする方法についてお話しします。

→おしゃれなコードについて詳しくはこちら

Aメロのコード進行を確認!

①ダイアトニックコードの確認

まずはダイアトニックコードを確認します。
エイリアンズのキーはEbm

→ダイアトニックコードについて詳しくはこちら

ピアノのどこを押さえるかも重要です。
コードのポジションの考え方 もこちらの動画で詳しく説明しています。

この曲は、裏コードやテンションも多くでてきますよ!

②コードチェンジの練習

コードチェンジにはコツがあります。→詳しくはこちら

バッキングの練習

コードバッキングには、それぞれのスタイルによりパターンがあるのですが、この動画のなかでは実際の曲でどのようにバッキングを考えていけば良いかを解説しています。

→バッキングのパターンに関してはこちら

エイリアンズをコードでピアノ(フルコーラス)

JUN音楽教室ではコードを使ったピアノレッスンを行っています。

→「コードでピアノを弾く 全ノウハウを大公開!!」
→エイリアンズ以外の曲の無料動画レッスンはこちら
→メルマガ登録はこちら(コードでピアノを弾く方法)