月別アーカイブ: 2021年10月

GarageBand活用法

日時:2021年10月26日(火)10時~12時

受講料:2000円/1回

Zoomでのオンラインセミナーで、
動画受講(セミナー後にYouTubeで限定公開)も可能です。

今回は、GarageBandの活用法です。

GarageBand の使い方もお話ししますが、
iReal Proやnotionなどの音楽アプリを使って、
簡単に伴奏音源などを作れるようになるための
実践セミナーです。

Zoomでのオンラインレッスンに関する質問にもお答えします!

お申し込みはこちらへ

6月22日(火) iPad楽譜作成アプリ「Notion」の使い方

7月27日(火) Keynote・PowerPointの使い方

8月24日(火) iPad,ノートアプリの使い方

9月28日(火) Imovieの使い方

10月26日(火) GaregeBand活用法

★毎回テーマが異なりますので、単発の受講も可能です。

→詳しくはこちらへ

→お申し込みはこちら

Zoomブレイクアウトルーム

ブレイクアウトルームの出入りに注意!

オリジナル音声にしていると・・

Zoomのブレイクアウトルーム、
便利ですよね。

でも、ブレイクアウトルームで、グループの出入りをする時には
色々と注意が必要です。

特に、私のようにオンラインレッスンをしている人にとっては、
常に「音」について注意を配っておく必要があります。

先日、「オリジナル音声のオンオフ」問題の記事を書いたのですが、
→Zoomのアップデートは良いけれど・・

その後、ブレイクアウトルームで出入りすると、
同じ問題が起こってしまう事がわかりました。

1対1のミーティングしか開催しないなら大丈夫?

こちらを読んでいらっしゃる方の中には、
「私は1対1のやり取りしかしないから問題ないわ!」と
思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、

ご自分は無料アカウントしかなく、
個人相手にしかミーティングを開かないと思っているかもしれませんが、
3人以上のZoomセミナーなどに参加する可能性はもしかしたらあるかも・・?

そんな時、このことを知っておかなければ、
みんなに迷惑をかけてしますのです。

グループ出入り時には常にオリジナル音声をチェック!

自分がホストではない場合でも、
マイクミュート、ミュート解除にする場合は、
注意が必要です。

特に、ブレイクアウトルームに入った時、
出た時にマイクをオンにする場合、
必ずオリジナル音声を確認しましょう!

さっきは、オリジナル音声を有効にしていたはずなのに、
オフになっている場合もあります。

私も、まだ何回かしか経験していないので、
定かではないのですが、
ハウリングが相手に起こった場合は、
まずはオリジナル音声をチェックしてみてください。

Zoomのブレイクアウトルーム機能

ブレイクアウトルームは、Zoom無料版のアカウントでも利用可能で、
ミーティング内のユーザーを最大50のグループに分けることができます。

参加者が多いと誰がしゃべって良いかわからないので、
基本ミュートの形になるのですが、
全く話せないという事も起こります。

そんな時、ブレイクアウトルームは便利ですよね。
グループワークがしたいといった時にも使える機能です。

ホストは各グループのルームに自由に出入りできるのも特徴です。

Zoomのちょっとした使い方や、
ピアノのレッスンでのICTの活用法についてのセミナーも実施しています。

→ICT活用セミナーについて詳しくはこちら

zoomのアップデートは良いけれど・・

オンラインレッスンでお困りごとありませんか?

Zoomの使い方など、オンラインレッスンでのお困りごと、
ご相談にのります。

オリジナル音声有効化

オンラインでレッスンしていると
これまでには考えられなかったトラブルが起こります。

私は、オンラインレッスンの際に、
主にzoomを使っているのですが、
最近、ちょっと困ったことがありました。

レッスンではなく、ちょっとしたセミナーを受講した時のことです。

こちらの音がダブって
変になっているんですけど・・

ええええええ!!
私のせい??!!
なぜ~~~?!


ピアノを使わないので、いつもはチェックしている
オリジナル音声が「オン」になっていませんでした。

どうやらZoomのアップデートで、
オリジナル音声を有効化の設定をした場合、
通常の会議でも常にオリジナル音声をオンにしていないと、
相手がハウってしまうことになったみたいです。

オリジナル音声を有効にするには、

画面上の「オン」をクリックして
「オフ」になっていることが必要です。

パソコンでは下の画像の形です!

iPadではこちらの画面になっていればオリジナル音声が有効になっています。

オリジナル音声を有効化!

そもそも、オリジナル音声にしていないという方は、
オリジナル音声を有効にする設定が必要です。

Zoomでピアノのレッスンするなら、
特にピアノ先生には必須の設定です。

というのも、Zoomはもともとオンライン会議のためのシステムですから、
雑音などを消すことができる設定になっているのです。

例えば、通常設定の場合、
ピアノで長い音を伸ばしても途中で切れる、
ペダルの効果がかからないといった事が起こるのです。

ピアノレッスンではこれは困りますよね。

そこで、もともとの音のままで相手に届けるための設定が
「オリジナル音声を有効化」なのです。

オリジナル音声を有効にする設定は、
Zoomアカウントが必要です。
無料のアカウントで大丈夫ですので、
まだの方は、まず無料アカウントを取得してください。

→Zoomアカウントを取得する

Zoomの設定 その1

アカウントをとったら、
アプリの設定画面でオリジナルサウンド有効のところにチェックを入れます。

パソコンでは下の画面になります。

iPadの設定は、設定画面からミーティングの設定に入り、
オリジナルオーディオを使用のところをタップし、
緑色にしておきます。

Zoomの設定 その2

設定画面で設定していても、安心はできません!

これは、「オリジナル音声にできるよ!」ってだけなのです。

毎回、会議のたびにきちんとチェックしましょう!

ちなみに、オリジナル音声を有効にするチェック、
勘違いされている方が多いようなので、
お知らせします。

こちらは
NGパターン

こちらのパソコン画面オリジナルサウンドオンになっていますが、
これはオフの状態です。

iPadのこれも
NGです!

気をつけてくださいね。

Zoomのことを知るには、やはり練習です。
アカウントをとれば自分一人でも
会議を開くことができるので、
色々調べてみましょう。

会議を開く方法はこちらの動画をご覧ください。


→Zoomアカウント取得はこちら

ピアノの先生のためのICT活用セミナーを実施しています。
→詳しくはこちら