おしゃれなコードの秘密

「おしゃれ」をどう感じるかは人それぞれなので、おしゃれなコードはこれです!!ということは言えません。

ただ、一般的に「おしゃれ」と言われているコードは、3和音ではなく4和音です。

お洒落にしたいならコードは4和音!

ぶんぶんぶんをおしゃれに!

この動画の前半部分の楽譜です。
3和音のみを使うとこのようになります。

動画後半は、おしゃれなコードを使ったもので、楽譜にすると次のようになっています。

①7thを使おう! ダイアトニックコードを4和音で!

さて、どのように変えて行けばよいのでしょうか?

CとGはハ長調のダイアトニックコードですが、そのコードを3和音から4和音にしました。

C→CM7 G→G7

CはCM7とC6、GはG7にしました。GをG7にしてもあまりお洒落度は増しませんが、CをCM7やC6にすると、ちょっとおしゃれになるような気がしませんか?

この楽譜はハ長調のダイアトニックコードを載せたものですが、
上段が3和音、下段が4和音になっています。

★Cmaj7はCM7やC△7と書くこともあります。→maj7の書き方についてはこちら

★Cmaj7とC6は同じように使います。

→ダイアトニックコードについてはこちら

②ツーファイブに分ける

Ⅴ7はⅡm7-Ⅴ7にすることが可能です。
もともとGだったところをG7にし、それをDm7-G7にしました。

G7→Dm7-G7

③ノンダイアトニックコードを使う

Dm7の前という事でもともとCだったところをA7に変更しました。

A7→Dm7の動きはドミナントモーションです!

Dm7を1度と考えるとA7が5度になるので、これを利用してA7というノンダイアトニックコードを入れることができるようになりました。

→ダイアトニックコード・ノンダイアトニックコードについて詳しくはこちら

④テンションを使う

4和音のコードは1・3・5・7の音でできていますが、
テンションというのは9・11・13の音のことです。

今回は、A7、Dm7、G7、Cmaj7でテンションを使っています。

CはC6とCmaj7に変更しCmaj7はテンションを使いました。

オンラインでカスタムメイドのレッスンを行っています。

→オンラインピアノレッスンについてはこちら

→コードやコード進行についてはこちら

→初心者のための無料動画ピアノレッスンを行っています。

レッスンを受けるまでではないという方のために、「趣味だけど本気でピアノ誰も教えてくれなかった『コードの話』『リズムの話』そして『音楽の話』」というメルマガを発行しています。

→メルマガ登録はこちら